芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    2020年04月


    CULEN (新しい地図からのリダイレクト)
    稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾 新しい地図(あたらしいちず)は、稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の3人のファンクラブ、および活動名義である。サイトは5か国語に対応しており、有料ファンクラブ「新しい地図 NAKAMA」(日本国内向け)、「新しい地図 NAKAMA WORLD
    20キロバイト (1,581 語) - 2020年4月27日 (月) 02:54



    (出典 taishu.jp)


    おー

    1 湛然 ★ :2020/04/27(月) 04:32:08.17 ID:WfybyaLb9.net

    4/27(月) 4:00 オリコン
    新しい地図、日本財団と基金立ち上げコロナ対策 医療関係者とその家族支援に3000万円寄付
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00000302-oric-ent
    (左から)稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛=新しい地図×日本財団『LOVE POCKET FUND』(愛のポケット基金)を立ち上げ新型コロナウイルス対策支援することを発表

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     俳優の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による「新しい地図」と日本財団は27日、新たな基金『LOVE POCKET FUND』(愛のポケット基金)を立ち上げたことを発表した。まず新型コロナウイルス対策の支援に取り組み、医療関係者やその子どもたちを含めた家族を支援するプロジェクトをスタートさせる。また、「新しい地図」として同プロジェクトに3000万円の寄付を決定したことも明らかになった。

     同基金が生まれたきっかけは昨年。「新しい地図」が始まってから2年の節目に、「どんな時でも応援していただいている皆さん(NAKAMA)の支えにより現在の自分たちが存在している、この感謝の気持ちを何かの形にしたい」という新しい地図の申し出に日本財団が応え、協力を決定した。

     そこから「皆が一つになった時にそれが大きな力になる」との思いを掲げ、一つのポケットに愛を入れていく『愛のポケット基金』構想が誕生。主に“生きにくさ”を抱えている女性や子供への支援や高齢者・地方創生に係る支援を行っていく基金を2020年春に立ち上げ、ファンミーティングにて発表するよう準備を進めてたという。

     そんな矢先、新型コロナウイルス感染拡大という災禍に世界中が見舞われたことから、まずはコロナ対策に取り組むことを決意。最前線で闘う医療関係者やその子どもたちを含めた家族の支援、両親・ひとり親感染家庭の児童の預かりなどの支援を行うことを目的とし、『LOVE POCKET FUND』内に『新型コロナプロジェクト』を立ち上げるに至った。「for youだけどfor meでもある」“あなたのめ”が“自分のため”になる、の言葉と共に「誰かにやさしくすることで自分も幸せになれる」ファンドを目指していくと掲げている。

     同時に「『新型コロナプロジェクト』のポケットに、『新しい地図』で皆さんから受けているたくさんの愛情と共に、3000万円を入れることを決めました」と発表。今後、同ファンドでは、金銭・物資面にかかわらず支えを必要とする人々に寄り添う取り組みを展開していくとしており、全支援先、支援内容については基金の公式サイト(27日午前11時にオープン予定)で随時案内していく。

     日本財団の笹川陽平会長は、「日本財団は間接経費を一切いただくことなく、皆様からいただいたご寄付はすべて支援活動にしっかりと使わせていただきます。どうぞみなさんのチカラで『LOVE POCKET FUND』をより大きなものとしていきしょう。よろしくお願いいたします」と呼びかけている。

    ■「新しい地図」からのコメント

    【稲垣吾郎】
    事態が収束し、一日も早く全ての人々が穏やかな暮らしを取り戻せることを祈って。これからも一緒に頑張っていきましょう。

    【草なぎ剛】
    『LOVE POCKET FUND』を通じて、つらい思いをされている方、悲しみや苦しみの中にある方に一緒に寄り添っていけたらと思います。

    【香取慎吾】
    今、僕らの為に頑張って下さっている方々に、みなさんの愛を届けます。
    上を向いていっしょに、がんばりましょう!

    (おわり)


    【【芸能】稲垣・草彅・香取の「新しい地図」、日本財団と基金立ち上げコロナ対策 医療関係者とその家族支援に3000万円寄付】の続きを読む


    永野 郁(ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。 小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。 子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー
    55キロバイト (7,215 語) - 2020年4月28日 (火) 09:45



    (出典 img.stardust.co.jp)


    えもい!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/26(日) 19:40:28 ID:tkWaxypq9.net

    女優の永野芽郁(20)が26日、自身のインスタグラムを更新。寝起きのショットをアップし、反響を呼んでいる。

    永野は「寝起きの前髪の割れ方ってすごいよね? あれ、私だけ?」と記し、ベッドの上で白いシーツや枕に顔を乗せた写真などを公開した。

    この投稿には「かわいい!」「きゃー!!かわいすぎる」「エモいな」「えぐ」「割れてても可愛い」「めいちゃんはどんな髪型でも可愛い」
    「芽郁ちゃんの前髪は自由自在なのさ」「いつも前髪なくなってライオンみたいになる」などのコメントが寄せられ、1時間足らずで19万件を超える「いいね!」が付けられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-04260116-sph-ent
    4/26(日) 17:10配信


    (出典 hochi.news)

    https://hochi.news/images/2020/04/26/20200426-OHT1I50120-L.jpg

    (出典 hochi.news)


    (出典 grapee.jp)


    【【芸能】永野芽郁の寝起きショットに「かわいすぎる」「エモい」の声 19万件超の「いいね!」殺到】の続きを読む


    果歩(みなみ かほ、1964年1月20日 - )は、日本の女優。 兵庫県尼崎市出身。桐朋学園大学短期大学部卒業。Shanties所属。 尼崎市立尼崎高等学校を経て桐朋学園大学短期大学部を卒業。 短大在学中の1984年に映画『伽倻子のために』のヒロイン役オーディションに応募、2000人の中から選ばれ、主役で芸能界デビュー。
    27キロバイト (3,117 語) - 2020年3月10日 (火) 06:38



    (出典 pbs.twimg.com)


    すごいですね!

    1 湛然 ★ :2020/04/28(火) 05:10:34 ID:QhtAeQvD9.net

    南果歩、マスク10万枚を寄付…自費で個人輸入
    2020年4月28日 5時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200428-OHT1T50013.html
    南果歩

    (出典 hochi.news)


     新型コロナウイルス感染拡大の中、女優・南果歩(56)が、自費で購入したマスク10万枚を都内の複数の病院に寄付していたことが27日、分かった。

     関係者によると、南はコロナ騒動の初期よりマスク不足を懸念。知人に個人輸入できると聞き、品質などを把握して申し込んだ。到着まで約3週間を要したが、連絡が入ると、すぐ引き取りに。重症肺炎患者に用いられるECMO(エクモ、体外式膜型人工肺)を使う病院に打診し、届け先を決めた。このほど車2台に分けて都内の複数の病院に届け、医療関係者から感謝の言葉も聞いたという。南自身は3枚の布マスクを毎日お風呂で洗ってやりくり。今回のマスクに自分の物は含まれていない。

     「この大変な時にギリギリの心身の中で働いておられる方々がいる。できることを今後もやっていければ」と南。当初、このことは伏せておくつもりだった。しかし最近は転売問題も起き、あらぬ誤解を招かないため、本紙の取材に寄付したことを認めた。

     南は2016年に乳がんを手術。それだけに同じ病気と闘いながら、コロナで急逝した女優・岡江久美子さん(享年63)の訃報はショックだった。ブログに「やるせない気持ちで一杯」とつづった。以前より南はボランティア活動に意欲的。東日本大震災(11年)、熊本地震(16年)の被災地にも度々足を運び、子供たちに絵本の読み聞かせなども行っている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【コロナウィルス】南果歩、マスク10万枚を寄付…自費で個人輸入】の続きを読む


    中居 正広(なかい まさひろ、1972年〈昭和47年〉8月18日 - )は、日本の男性タレント、司会者、俳優、歌手。男性アイドルグループSMAP全活動期のメンバー(1988年 - 2016年)。神奈川県藤沢市出身。芸能事務所のんびりなかい代表取締役社長。 1972年8月18日、神奈川県藤沢市に生まれる。
    49キロバイト (6,037 語) - 2020年4月14日 (火) 04:23



    (出典 post.tv-asahi.co.jp)


    賛否両論ありそうですね!

    1 フォーエバー ★ :2020/04/25(土) 18:29:40.82 ID:dBeB11fh9.net

    タレントの中居正広(47)が25日、テレビ朝日系「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。政府が新型コロナウイルスの緊急経済対策として実施する全国民向けの一律10万円給付で“寄付”の動きがあることに疑問を投げかけた。

     10万円をもらうかという問いに、とジャーナリストの岸田雪子氏(50)は「とりあえず、もらって、どういう形で寄付とかができるのかというを探したい」と見解を示した。

     これを受け、中居は「なんでみんな寄付するの?使ってもらうためのものでしょ?」と首をひねった。

    4/25(土) 13:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00000119-spnannex-ent


    【【コロナウィルス】中居正広 10万円給付“寄付”の動きに疑問「使ってもらうためのものでしょ?」】の続きを読む


    辛坊 治郎(しんぼう じろう、1956年4月11日 - )は、日本のニュースキャスター、シンクタンク経営者。株式会社大阪綜合研究所代表。鳥取県米子市出身。 元読売テレビアナウンサーで、報道部チーフプロデューサー、報道局情報番組部長、報道局局長待遇解説委員長(理事)などを歴任し独立。
    26キロバイト (3,646 語) - 2020年4月16日 (木) 05:43


    ひろゆきさんも同じようなこと言ってましたね!

    1 アブナイおっさん ★ :2020/04/26(日) 12:23:52 ID:2C7nsLBg9.net

    元・大阪府知事で元・大阪市長の橋下徹氏が4月23日(木)、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!~激論Ro*&Go!」に生出演、
    政府による新型コロナウイルスのクラスター感染防止策について、異論を展開した。

    橋下
    僕がそこで日本の政治家が本当にだらしないと思うのが、緊急事態宣言を解除する時期などの質問が出たときに、
    必ず政治家は「専門家の判断によります」と言うのだけれど、違うでしょう。これは政治判断なのですから。

    感染症対策も重要ですが、僕の周りでもお店をたたんでいる人が続々出てきていますよ。
    確かに命は大切ですが、その裏側にそれなりのコストがかかってきて、このバランスをどうとるのかが政治家の判断なわけで、
    このままいったら政治家は誰も怖くて判断できなくなります。結局安全圏ばかり狙っていって。

    辛坊
    この国を動かしているのは高齢者だから。典型的な例があったのは、
    先週大阪のどこかの72歳の議員が「若者が俺たちに感染させる。人*」という話をしたということで、
    その人が後で釈明した文章を読んでみたら「とにかく子どもたちを外へ出すな」と言っているのだけれど、それは違わないかと。
    高齢者が重篤化するとわかっているわけだから、若い人のリスクがそんなに高くないとするならば、
    経済をちゃんと回してご高齢の方が何かあったときに医療がちゃんと受けられるような社会保障や国のシステムを整えることにむしろ意味があるのではないかと。

    橋下
    どこかで判断しなければいけないので、薬とワクチンができればそれでいいのですが、それができるまで2年くらいかかる。
    それまでずっといまの自粛を続けたら、違う理由で*人が出ます。

    辛坊
    方向性としてはご高齢の方に自粛してもらうべきだと。
    その方向性で若い人に普通の社会生活に戻ってもらうのをどこかのタイミングで政治決断しないと、日本が滅びるという。

    橋下
    その話を山中さん(※iPS細胞・山中伸弥教授)にお伝えしたら、やはりそれは「ハイリスク」「ローリスク」を
    分けられるのかというところが、科学者の視点では困難ではないかという話でした。

    まさにそこをみんなで議論してもらって、どっちにしろ2年か3年くらいワクチン開発に時間がかかるとか、
    集団免疫を獲得するにも2年か3年かかると言われているわけです。

    うちの母親にはいま、自宅から一歩も出ないように言っているのですが、高齢者・ハイリスク者に2年か3年耐え忍んでもらう。
    社会全体を2年か3年ロックダウンすることはなかなか難しいです。

    どこかで経済を回すグループと、自己安全を守るグループを分けながらやっていかないと。
    国会議員はまったく給料が減らないから、そこの感覚がないのです。
    「命を守るために家にいてください」というのはそうなのだけれど、
    それだけで済まない人がいっぱいいるのだということを微力ながらいろいなところで言っていかなければいけないと思っています。


    (出典 news.1242.com)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/134ed5bb9e727ac9f0a64b69415be077db855b94?page=2


    【【新型コロナウィルス】辛坊治郎「高齢者が自粛、若者は社会生活に戻る。どこかで政治決断しないと日本が滅びる」橋下徹もバランスを主張】の続きを読む

    このページのトップヘ