芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ: 女優


    綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 - )は、日本の女優である。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
    61キロバイト (6,095 語) - 2020年1月4日 (土) 08:46


    たわわなボディが見れるんですねw

    1 ばーど ★ :2020/02/17(月) 13:52:43 ID:WS7nSMFB9.net

    女優の綾瀬はるか(34)が世界10の地域を食べ歩く姿を、日本を代表するフォトグラファーが撮影する写真集プロジェクト『ハルカノイセカイ』の第2弾となる『ハルカノイセカイ02』(講談社)が、2/17付オリコン週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」(集計期間:2月3日~9日)で前週同様4位をキープした。

    【写真集カット】黒のドレスがよく似合うビーチでの一枚…綾瀬はるか

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    順位は前週と変わらなかったものの、前週を超える週間0.5万部を売り上げた本作。その要因として考えられるのが、集計期間中の8日に放送されたTBS系『王様のブランチ』での一コマ。同作のPRのためVTR出演した綾瀬は、撮影についてさまざまな話をするなかで、お気に入りの写真について、海辺で撮影した黒のワンピースの水着で寝そべる一枚を挙げ、「なんか“トド”みたいでいいな」と発言。話題となっていた。

    前作「台湾篇」に続く第2弾として発売された本作は、フォトグラファーにND CHOW氏を迎えてハワイで撮影したもの。「今のカラダは、3ヶ月前に食べたもので出来ている」というコンセプトのもと、ハワイ編では食とカラダの関係性に注目し、食べる姿はもちろんのこと、ビーチで無邪気に遊ぶ姿や、ハワイのコテージでゆったりとくつろぐ姿、美しいサンセットをバックに撮られたストーリーなど、さまざまな表情を見せている。

    2/17(月) 13:28
    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00000300-oric-ent


    【【綾瀬はるか】前週上回る売上で「写真集」4位キープ!】の続きを読む


    上白石 萌音(かみしらいし もね、1998年1月27日 - )は、日本の女優、歌手。本名、同じ。 鹿児島県鹿児島市出身。所属事務所は東宝芸能。所属レーベルはユニバーサルJ。 大学在学中(大学名非公表)。妹は女優の上白石萌歌。 子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きで母の勧めで小学校1年生の頃より
    98キロバイト (13,520 語) - 2020年1月28日 (火) 13:33



    (出典 www.cinra.net)


    それは言い掛かりでしょw

    1 1号 ★ :2020/02/16(日) 00:06:08 ID:4BSVz9DU9.net


    (出典 www.cyzo.com)


    上白石萌音が主演、佐藤健が相手役を務めている、TBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(火曜午後10時~)の第5話が11日に放送され、視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。

    初回は9.9%と1ケタ発進だったものの、第2話で10.5%と上昇。第3話10.2%、第4話10.6%と好調をキープしていたが、第5話で1ケタ台に転落し、自己最低を記録してしまった。

    同ドラマは、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師・天堂浬(佐藤)と出会った主人公・佐倉七瀬(萌音)が、彼を追って、5年かけて看護師になる。七瀬は天堂と同じ病院に勤務することになり、あこがれの人と再会する。
    ところが、天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで違って、超ドS。慣れぬ仕事に悪戦苦闘しながらも、されでも天堂に積極的にアプローチしていく七瀬とのラ*トーリーを描いたコメディ作だ。

    「萌音はまだ22歳になったばかりの若さながら、『舞妓はレディ』(2014)での主演、劇場アニメ『君の名は。』(16)での声の主演など、映画界では、その演技力が評価されています。その一方、『恋つづ』はプライム帯での連ドラ初主演となりました。
    あいにく、ルックスは秀でたものではなく、地味な印象。若い女性視聴者からは、“美女と野獣”の逆パターンで、好評な面がありますが、
    ただ男性視聴者から見ると、ヒロイン(主演)のルックスに関して不満の声も多いようで、その辺りが視聴率の伸び悩みにつながっている要因かもしれません」(テレビ誌記者)

    『恋つづ』に辛らつ意見「かわいくないので感情移入できない」の声も?
    事実、ネット上では「美人でもないのに、厚かましすぎる」「なぜ萌音がヒロインに起用されたのかわからない。イライラさせられっぱなし」「主演の割にはルックスがかなり残念。
    彼女は声優にとどめておいた方がいい」「ヒロインはもっとかわいい子にしてほしい。感情移入できない」などとして、かなり辛らつな意見も多々散見される。

    第5話を終えた時点での全話平均視聴率は10.2%とギリギリのところ。TBSも意図があって、あえて萌音を主演に起用したと思われるが、ヒロインへの逆風が吹く中で、視聴率2ケタ台をキープできるのだろうか。

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_231397_entry.html
    (2020/02/13 12:30)

    ★1 2020/02/15(土) 16:27:41.37
    ※前スレ
    【芸能】ヒロインのルックスに問題あり!? 上白石萌音『恋つづ』、視聴率伸び悩みで1ケタ台に転落
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1581751661/


    【【上白石萌音】ヒロインのルックスに問題あり!?『恋つづ』、視聴率伸び悩みで1ケタ台に転落】の続きを読む


    川口 春奈(かわぐち はるな、1995年(平成7年)2月10日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber。愛称は「ハルル」「はーちゃん」。長崎県出身。研音所属。 2007年、第11回『ニコラ』のオーディションにおいてグランプリを獲得。研音の子供部門「けんおん。」に所属した後、同年
    70キロバイト (9,357 語) - 2020年2月13日 (木) 06:55



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)


    可愛いは正義ですw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/16(日) 02:25:52.60 ID:RESYIVAX9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    女優の川口春奈(25)のYouTubeチャンネルの登録者が70万人の大台に乗ろうとしている。2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で違法薬物所持で逮捕された沢尻エリカ(33)の代役を務めるなど、トップ女優の仲間入りをしつつある川口だが、その勢いそのままに登録者数を伸ばしている。

    1月29日に、川口は自身のYouTubeチャンネル「川口春奈オフィシャル はーちゃんねる 」を開設。チャンネルの説明文には「川口春奈が日々のあれやこれやをフワっと配信いたします」と書かれている。ここまで生配信と実家を訪れた際の動画を投稿しているのだが、その再生回数は驚異の500万回に達しようとしているのだ。

    ここまでの再生回数を稼ぎ出す理由は何なのか。動画のコメント欄を見ると「やっぱり可愛いですね。可愛いと言われてるYouTuberが霞んで見える」や「テレビ越しだと美人芸能人の認識なかったけど、可愛すぎるわ、、やっぱ女優さんってすごいんだな」とその美しさに視聴者もノックアウトされている。川口の美しさは以前からも知られていたはずだが、芸能ライターはこう語る。

    「圧倒的な美貌はもちろんですが、テレビや映画での姿とは異なる、彼女の素の可憐さがYouTubeでは感じられるんです。

    ダボついたトレーナーといったラフな服装で家族の前でリラックスした表情をしたり、料理を待ちきれず少し飽きた顔を見せたり、決して上手いとは言えない包丁さばきを披露し、親戚の子どもをいじるなど、ドラマや映画、バラエティでも見られない姿ばかり。家族と一緒だからか緊張感もまるでなく、“お腹空いた”と真顔で言ってしまう仕事感ゼロの川口春奈が感じられる、とても貴重な動画と言えるでしょうね」(前出の芸能ライター)

    本当の素の川口の姿が表に出たため、今まで彼女の魅力に気づいていなかった人も心動かされたのだろう。YouTuberとして早くもブレイクした川口だが、一方で心配する声も上がっているという。

    ■懸念される「危うい私生活」…

    川口といえば、2019年11月19日発売の『FLASH』(光文社)に、総合格闘家の矢地祐介(29)との熱愛を報じられたばかり。川口の私生活に流れる噂からヒヤヒヤしている関係者もいると指摘する声もある。

    「川口のYouTubeチャンネルは、おそらく事務所関係者が管理しているのだと思いますが、だとしても、それが彼女が自身がコントロールできる、という危うさもある。

    というのも、川口は清純派のルックスとは異なり、奔放な人物だというんです。所属事務所は彼女を清純派路線のど真ん中で売っていきたかったそうですが、川口自身はアーティスト志向で、事務所の売り方に不満を感じていたという話もあります。過去には髪の毛を唐突に茶髪に染めてきて、事務所の人間を困惑させたこともあるそう。恋愛面でも、現在の格闘家のカレの前にも、超遊び人のプロ野球選手との噂もあった。

    現在、川口は沢尻の代役で出演することになった大河ドラマ『麒麟がくる』の撮影現場で奮闘中。共演者からも、演技と仕事に取り組む姿勢に絶賛の声が上がっています。ただ仕事が順調で精神面が安定しているときは心配ないですが、ひとたび何かにつまづいたときは……と、周囲からは心配の声がなくならないといいます。加えて川口はYouTubeという極めて影響力の大きい媒体を手にしてしまった。“暴発のリスク”はこれまでとは比にならないでしょうね」(芸能プロ関係者)

    大炎上することもあるYouTube。すでに人気YouTuberの仲間入りをした川口には、今後も視聴者を楽しませるコンテンツを配信しつづけてほしい!

    http://dailynewsonline.jp/article/2194792/
    2020.02.15 11:00 日刊大衆


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 taishu.jp)


    【【川口春奈】YouTubeが1週間で70万人登録!美の破壊力と危うい私生活!】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    69キロバイト (8,318 語) - 2020年2月6日 (木) 03:58


    テンション上がっちゃいましたかw

    1 かばほ~るφ ★ :2020/02/15(土) 14:49:45 ID:IKTGdd2E9.net

    石原さとみ 都内で聖火リレーリハ「高揚してどんどん早く走ってしまう」
    2020.02.15

    女優・石原さとみ(33)が15日、都内で東京五輪聖火リレーのリハーサルに参加した。

    公式ユニホーム姿で、右手に無灯火のトーチを持ち、本番でも使用される通りを200メートルに渡って、ランニング。
    聖火を引き継ぐ次のランナーの元にたどり着くと、トーチを左手に持ち替えて、
    右手をクルクル回して差し伸べるポーズ「Hope Lights Our Way」を決めてから、
    お互いのトーチを近づける「トーチキス」で締めくくった。
     
    「緊張しましたが、楽しくてあっという間。(トーチは)火が着くともう少し重いでしょうが、
    片手でも安定してました」とリハ走行を満喫。ランナーは時速6キロが想定されているが、
    「高揚してどんどん速く走ってしまい、『速いです』と注意していただきました」と反省した。
     
    石原にとっての本番は5月8日。人生観が変わった場所だという長崎県内を走るが、
    「1歩1歩を感じながら走れたら、もう少しゆっくり走れると思う」と改善点を見いだしていた。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/15/0013118199.shtml
    笑顔で手を振る石原さとみ=羽村市役所前

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【石原さとみ】「高揚してどんどん早く走ってしまう」東京五輪の聖火リレーのリハーサルに参加】の続きを読む


    川口 春奈(かわぐち はるな、1995年(平成7年)2月10日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber。愛称は「ハルル」。長崎県出身。研音所属。 2007年、第11回『ニコラ』のオーディションにおいてグランプリを獲得。研音の子供部門「けんおん。」に所属した後、同年9月1日発売のニコラ2007年10月号でデビュー。
    69キロバイト (9,268 語) - 2020年2月9日 (日) 10:52



    (出典 img.jisin.jp)


    さすがですw

    1 ひかり ★ :2020/02/10(月) 18:22:14 ID:R1/e2+1n9.net

     俳優の川口春奈さんが2月9日、五島列島帰省編の最新動画をYouTubeに投稿。実家でまったりするだけで200万回再生を突破する圧倒的な勢いを見せています。

     川口さんは「私のいろんな面を、素の部分も含めて見てもらいたい」として、1月31日に生配信でYouTubeデビュー。2月2日には、自身の日常生活を
    紹介する初動画として、長崎県の五島列島にある実家に帰省する様子を紹介した「実家でお母さんに会ってきた!【Vlog】」を投稿。母親との何気ない会話や、
    おいっ子をあやす姿など、テレビで見せる姿とのギャップに親近感を覚える人が続出し、本稿執筆時点では450万再生回数に迫る勢いです。

     最新動画「実家でまったり過ごします!」では、前回の予告通り、実家で親族とまったりする様子を投稿。母親と夕食のおじやを作る様子を定点カメラ風に
    紹介するシーンにはじまり、空腹に耐えきれずデコポンを無になって食べるシーンや親族との団らんタイムなど、自身のありのままの日常をみせています。

     本人も「だいぶカオス」と話す実家ですが、やはり安心感があるのか、会話には方言も混じる場面も。また、なかなか泣きやまないおいっ子をあやそうと、
    唇を弾いて“バッ”と音を出す姿が幾度となく映し出されたり、こたつでゴロゴロしたりするなど全編にわたって庶民的で生活感あふれる内容となっています。
    三姉妹の末っ子ということもあってか、おいっ子に向けられる愛情を「それは私が受けたい」とでも言わんばかりの甘えん坊な表情をのぞかせながら過ごしているのが
    最高です。

     素の自分を包み隠さず紹介する動画には、「この生活感満載が、ザ・実家って感じ」「私が実家でゴロゴロしてるのと同じ姿で共感」「面白いこと狙わなくても
    川口春奈のオフが見られるだけで充分ありがたい」など反響が続出。この動画は既に200万回再生を突破、チャンネル登録者数は55万人越えを果たすなど、
    爆発的な反響が起こっています。なお、次回は学生時代を振り返る内容となるようです。

    ねとらぼ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00000073-it_nlab-ent

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【川口春奈】YouTubeに実家でまったりするだけの動画が素すぎて200万回再生を即突破してしまうw】の続きを読む

    このページのトップヘ