芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ: アニメ関係


    逢坂 良太(おおさか りょうた、1986年8月2日 - )は、日本の男性声優。徳島県出身。EARLY WING所属。 「逢坂」は現代仮名遣いにおいて「おうさか」と表記するが、彼の姓の正しい表記は「おおさか」である。 3人姉弟の真ん中として徳島県に生まれる。小さい頃は冒険ごっこをしたり剣を振り回したり
    135キロバイト (12,669 語) - 2019年10月23日 (水) 09:34



    (出典 image.comicbook.hk)


    おめでとうございます!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/10/23(水) 12:27:47.47 ID:HnFZvNIN9.net

    2019-10-23 12:07

     声優の逢坂良太(33)と沼倉愛美(31)が23日、所属事務所の公式サイトで結婚を発表した。

     公式サイトでは「私事で大変恐縮ですが、私共 逢坂良太と沼倉愛美は先日入籍しましたことを報告させていただきます」と報告。「これから公私のパートナーとして、互いに尊敬し尊重しあい、たくさんの素晴らしい作品を届けられるよう精進してまいります。未熟な2人ではございますが、どうか見守っていただけますと幸いです」と決意をつづっている。

     逢坂はアニメ『ダイヤのA』の沢村栄純役、『はたらく魔王さま!』の真奥貞夫役、『ハイキュー!!』シリーズの赤葦京治役などを務める。沼倉は『THE IDOLM@STER』の我那覇響役、『アイカツ!』の藤堂ユリカ、『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の男鹿アキタ役などで知られる。

    https://www.oricon.co.jp/news/2147118/full/

    (最終更新:2019-10-23 12:23)


    【【声優・逢坂良太&沼倉愛美】結婚「互いに尊敬し尊重しあい」】の続きを読む


    由実(はら ゆみ、1985年1月21日 - )は、日本の女性声優、歌手。アーツビジョン所属。大阪府出身。身長164cm、血液型はB型。 代表作には『オーバーロード』のアルベド、『アイドルマスター』シリーズの四条貴音などがある。 高校卒業後に地元の大阪の郵便局で日本郵政公社の事務員として勤務する傍
    121キロバイト (8,502 語) - 2019年9月26日 (木) 19:19



    (出典 www.koepota.jp)


    おめでとうございます!

    1 ひかり ★ :2019/09/26(木) 22:47:22.30 ID:CAP_USER.net

    声優の原由実が一般の会社員と結婚したことを、自身のブログにて報告した。

    アニメ「オーバーロード」のアルベド役、「アイドルマスター」シリーズの四条貴音役などで知られる原。ブログでは「そういったことにご縁が薄いタイプだったので、
    親やお友達などから心配をされることも多かったのですが、無事に結婚することができて嬉しいです」と心境を綴り、「しっかりお互いをサポートし、
    原家のように笑いの絶えない仲良しな家庭を築いていけるよう頑張ります!!」「そしてお仕事も変わらず頑張って参りたいと思います」と抱負を述べている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000149-nataliec-ent

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【声優・原由実】ブログで一般会社員男性と結婚を報告「笑いの絶えない仲良しな家庭を築きたい」】の続きを読む


    3代目“マスオさん”第一声は「うなぎを食べませんでした?」優しい声にSNSで反響 - ORICON NEWS
    ニュース| フジテレビの人気アニメ『サザエさん』(毎週日曜後6:30)が25日放送され、声優の田中秀幸が務める3代目“マスオさん”の声がお披露目された。 マスオさんは ...
    (出典:ORICON NEWS)


    田中 秀幸(たなか ひでゆき、1950年11月12日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーターである。青二プロダクション所属。身長172cm、血液型はB型。 東京都大田区出身。桐朋学園芸術短期大学演劇専攻卒業。以前は劇団青年座、西郷エンタープライズ、江崎プロダクション(現・マウスプロモーション)に所属していた。
    89キロバイト (8,727 語) - 2019年9月1日 (日) 11:30



    (出典 sports.gazoo.com)


    最初は違和感あるのは仕方ないですよねw

    【【サザエさん】新マスオさん声優『田中秀幸さん』の気になる声は?】の続きを読む


    高垣 彩陽(たかがき あやひ、1985年10月25日 - )は、日本の声優、歌手、舞台女優。東京都出身。ミュージックレイン所属。 代表作に『ジュエルペット マジカルチェンジ』(ラリマー)、『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズ(雪音クリス)、『デュラララ!!×2』(狩沢絵理華)、『うしおととら』(杜綱純)、『マイリトルポニー』などがある。
    113キロバイト (8,536 語) - 2019年8月23日 (金) 07:12



    (出典 pbs.twimg.com)


    おめでとうございます!結婚ほんとうに最近多いですよねw

    1 ネギうどん ★ :2019/08/23(金) 15:12:22.22 ID:KY+8l/BY9.net

     声優の高垣彩陽(33)が23日、自身のブログを更新し、一般男性との結婚を発表した。お相手は、出演した舞台にスタッフとして関わっていた人だという。

    【写真】高垣彩陽も…ミニスカ衣装で熱唱するスフィア

     ブログでは「私事ではありますが、自分にとってとても大切な場所のひとつであるこのブログにてご報告させていただきます。わたし、高垣彩陽は、素敵なご縁に恵まれ入籍いたしました。お相手は、出演した舞台にスタッフとして関わられていた方です」と報告。

     結婚の時期については「令和元年の8月の大安に、婚姻届を提出致しました。
    8は末広がりという良い意味もあり、なにより私のラッキーナンバーであり、一番好きな数字です」と明かしている。

     『戦姫絶唱シンフォギア』の雪音クリス役、『ソードアート・オンライン』のリズベット役、『デュラララ!!』の狩沢絵理華役などを務め、寿美菜子・戸松遥・豊崎愛生とのユニット「スフィア」のメンバーとしても活動している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000360-oric-ent


    【【声優・高垣彩陽】一般男性との結婚発表!】の続きを読む


    田中 真弓(たなか まゆみ、1955年1月15日 - )は、日本の声優、女優、ナレーターである。本名:阿部 真弓(あべ まゆみ)。東京都出身。青二プロダクション所属。日本芸術専門学校特別講師。血液型はA型。 青山学院女子短期大学卒業。幼稚園の頃から目立ちたがりで、学生時代からは演劇にも打ち込み、学芸
    80キロバイト (8,425 語) - 2019年8月20日 (火) 23:41



    (出典 news.mynavi.jp)


    ワンピースのルフィの声優さんですね!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/08/21(水) 08:55:47.01 ID:rfVzvigg9.net

    2019年08月21日 テレビ
    NHK連続テレビ小説「なつぞら」第123回に登場した田中真弓さん (C)NHK

    (出典 storage.mantan-web.jp)



     女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の第123回が8月21日に放送され、人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」のモンキー・D・ルフィ役などで知られる声優の田中真弓さんが登場した。6月29日放送の第78回で劇中の漫画映画「わんぱく牛若丸」の牛若丸の声を担当し、話題となった田中さんだが、今回は顔出し出演を果たした。

     保育園を探すなつ(広瀬さん)が出会う福祉課の職員・村川を演じた田中さんは、「憧れのNHK朝の連ドラに出演できて狂喜乱舞の田中真弓です!  声の業界では、少年とおばあちゃん役が多いのですが、普通の元気なおばちゃん役だったので、まんまで行けました(笑い) 。楽しかった~~! 声で牛若丸も演(や)らせてもらえてうれしかった~~!」と喜びのコメントを寄せている。

     「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・天陽から手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく。

    https://mantan-web.jp/article/20190820dog00m200056000c.html


    【【田中真弓】 NHKテレビ連続小説・『なつぞら』ついに顔出し出演! 普通の元気なおばちゃん役「まんまで行けました」】の続きを読む

    このページのトップヘ