芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ: 小説家


    増原 裕子(ますはら ひろこ、1977年12月27日 - )は、日本のLGBT活動家、社会起業家、文筆家。 神奈川県横浜市出身。慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学文学部卒業。2003年に同大学院フランス文学修士課程修了後、外務省のジュネーブ公館に在外公館派遣員として勤めた。その後、会計事務所やIT
    11キロバイト (1,459 語) - 2019年11月11日 (月) 07:25



    (出典 entame777.info)


    ノーコメントですw

    1 牛丼 ★ :2019/11/11(月) 13:28:01.22 ID:nurAGLpI9.net

     経済評論家の勝間和代さん(50)と交際していた会社経営者でLGBT活動家の増原裕子さんが11日、自身のSNSを更新し、勝間さんとのパートナー関係を解消したことを報告した。

     増原さんは自身のフェイスブックに「プライベートなご報告:勝間さんとお別れしました」と題した文章をアップし、「月曜朝からプライベートなことで恐縮ですが、おつきあいしていた勝間和代さんとお別れしました」と報告。「原因は私にあります。夏の選挙が終わってからしばらくして、私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい、先週勝間さんに別れを切り出しました」と明かし、「恋愛・パートナーシップにおいて大切な相手を傷つけてしまったということの重さと向き合いながら、この報告の文章を書いています」とした。

     その上で「添い遂げられなかったことはひとえに私自身の人間としての未熟さゆえのことです」と記述。「勝間さんとは、同じ高校・大学出身というつながりがあったことと、共通の友人を介して出会いました。それよりも以前から、勝間さんの本や発信に大きな影響を受けてきました。おつきあいの中では、私が活動や仕事でいっぱいいっぱいなときも、体を気づかって、いつもヘルシーで美味しいご飯を作ってくれました。かわいい猫たちに癒されながら暮らすという、人生で初めての経験もさせてくれました。ペーパードライバーな私を、ドライブで色々なところに連れていってくれました。日常的に、知的な刺激やいろいろな考え方を与え教えてくれる人でした。活動も仕事も選挙も、ほんとうにたくさんたくさん支えてくれました。大きな愛で包んでくれていました。勝間さんへの感謝は尽きません」と交際期間を振り返り、「だからこそ、こういう選択をしてしまったことに対して、本当に申し訳なく思っています。これからは、別々の人生を歩んでいくことになりますが、こつこつとお仕事、活動に精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします」とつづった。

     増原さんは元タカラジェンヌの東小雪さんと2015年に渋谷区の同性パートナー証明書の取得第1号になったが、2017年にパートナーを解消。昨年5月に勝間さんとの交際を互いのSNSなどで公表した。今年7月には参院選に立憲民主党京都選挙区で立候補し、落選していた。

    https://hochi.news/articles/20191111-OHT1T50125.html

    関連スレ
    【芸能】 勝間和代さん、パートナーの増原裕子さんと関係解消を報告 「好きな人が他にできたと…涙が出てきて止まりません」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573442975/


    【【増原裕子】勝間和代との破局を報告「私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい…」】の続きを読む


    安部 譲二(あべ じょうじ、本名:安部直也(あべ なおや)、1937年(昭和12年)5月17日 - 2019年(令和元年)9月2日)は、日本の小説家、漫画原作者、タレント。元暴力団員であり、自らの服役経験を基にした自伝的小説『塀の中の懲りない面々』などの著作がある。また漫画原作者としても、第51回
    35キロバイト (4,677 語) - 2019年9月8日 (日) 04:09


    ご冥福をお祈りします。

    1 みんと ★ :2019/09/08(日) 10:57:32.81 ID:innJOKKh9.net

     刑務所での収監体験をユーモラスに描いた自伝的小説「塀の中の懲りない面々」などで知られる作家の安部譲二(あべ・じょうじ、本名安部直也=あべ・なおや)さんが2日、急性肺炎で死去した。82歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻の美智子さん。

     東京都出身。中学時代に暴力団に加わり、その後は客室乗務員、ばくち打ち、用心棒、キックボクシングの解説者などを経験した。東京・府中刑務所での実体験をもとに描き、映画にもなった1986年のデビュー作「塀の中の懲りない面々」が大ヒットした。「塀の中のプレイ・ボール」「極道渡世の素敵な面々」など極道をテーマにした軽妙な作品を次々に発表して人気を博した。(興野優平)

    朝日新聞デジタル 2019年9月8日10時22分
    https://www.asahi.com/articles/ASM983CXRM98UCLV001.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    【【作家・安部譲二さん】82歳で死去 「塀の中の懲りない面々」】の続きを読む


    綿矢 りさ(わたや りさ、1984年2月1日 - )は、日本の小説家。 京都府京都市生まれ。父は着物会社に勤めるサラリーマン、母は英語教師の家庭に育つ。 京都市立紫野高等学校在学中に「インストール」で第38回文藝賞受賞。受賞当時17歳であり、第18回(1981年)の堀田あけみ(『アイコ十六歳』)以来
    15キロバイト (1,992 語) - 2019年6月29日 (土) 12:57


    デビュー時が順風満帆過ぎて、色々と今では葛藤がありそうですね!

    【【作家・綿矢りさ】芥川賞から15年 たいしたヒット作なしで「書けない無能」になってしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ