芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ: 教育評論家


    尾木ママ、4歳女児死亡で児童相談所の対応に憤慨 - 日刊スポーツ
    尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が、鹿児島県で4歳女児が死亡した事件を受け、児童相談所の対応を厳しく批判した。尾木氏は2日、「また繰り返した4歳女児…
    (出典:日刊スポーツ)


    尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 - )は、日本の教育評論家。法政大学特任教授。臨床教育研究所「虹」主宰。血液型はA型。愛称は、「尾木ママ」。 滋賀県坂田郡伊吹町(現:米原市)生まれ。高松第一高等学校を経て早稲田大学教育学部卒業後、高校・中学校教諭、東京大学教育学部非常勤講師などを歴任
    38キロバイト (5,596 語) - 2019年6月13日 (木) 00:21



    (出典 www.nikkansports.com)


    子供には何の罪もないですからね・・・。

    1 シャチ ★ :2019/09/03(火) 12:33:57.19 ID:FA0t/qmc9.net

    尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が、鹿児島県で4歳女児が死亡した事件を受け、児童相談所の対応を厳しく批判した。

    尾木氏は2日、「また繰り返した4歳女児虐待死」のタイトルでブログを更新し、同県出水市の建設作業員日渡駿容疑者(21)が同居する大塚璃愛来ちゃん(4)の頭を殴ったとして、暴行容疑で逮捕された事件に言及した。

    「・警察が4回も児相に虐待通知しているのに一時保護することすらしなかった児相 ・住民による通報もあった ・児相が面接したすぐ後に虐待されて死に至っている なんだか何処かで何度も聞いたような話ばかりではないでしょうか? なのに、児相は 対応は【適切】だったと記者会見で言うのですから愕然とさせられます! 不適切だったから守れなかったのではないかと反省するのが普通なのに」と、児童相談所の対応に憤慨。「改正虐待防止法 すごく良くなって この間成立したばかりだというのにです やるせない気持ちになります!」とつづった。

    9/3(火) 12:30配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-09030227-nksports-soci
    尾木直樹氏(2017年2月14日撮影)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【尾木ママ】4歳女児死亡で児童相談所の対応に憤慨】の続きを読む


    水谷 (みずたに おさむ、1956年5月8日 - )は、日本の教育者、元高等学校教諭であり、児童福祉運動家、ならびに教育評論家。水谷青少年問題研究所所長、花園大学社会福祉学部臨床心理学科客員教授。 神奈川県横浜市出身。幼少期を山形県南陽市で過ごす。神奈川県立横浜翠嵐高等学校、上智大学文学部哲学科卒業。
    13キロバイト (1,872 語) - 2019年6月5日 (水) 03:19



    (出典 pbs.twimg.com)


    自分の事も大切にしてください!

    1 Hikaru ★ :2019/08/22(木) 19:35:00.48 ID:KOmSRVSv9.net

    「夜回り先生」水谷修氏 HP閉鎖へ「もう、疲れました。さようなら」ネット心配の声
    Sponichi Annex 2019年08月22日 14:10
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/22/kiji/20190822s00041000188000c.html

     「夜回り先生」と呼ばれる教育者の水谷修氏が21日、自身のブログを更新。
    公式サイトを閉鎖することを発表した。インターネット上には心配の声が上がっている。

     21日に「さようなら。哀しいけど さようなら。もう、疲れました。これで、このホームページは閉じます。さようなら」
    「私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか。誰かから聞いて私に相談。でも、それは哀しい。
    ただひたすら続く何百本の日々の相談。私の本を読んでくれればそこに答えが。疲れました」と2本の記事を投稿。
    著書を読んでから相談してほしいと訴えた。

     14日には「例年になく、相談件数が非常に増えています。特に、中学生や高校生の女子からの相談が増えています。
    どれも、『死にたい』と死を語るものです。多くは、学校でのいじめや家庭での親の無関心、虐待が原因です。
    ともかく、一歩でも太陽の下外に出ることを頼んでいます。人は、悩み苦しむと閉じこもってしまいます。
    そして、暗い夜に考え込み、自らの悩みや苦しみをさらに増幅させてしまいます。
    悩み苦しむのは、答えが出ないからです。どんなに考えようと苦しもうと、そこに答えはありません。
    考えること、悩むことを、まずはいったん捨てて、外に出て、太陽の下で動くことです。
    電車に乗って山や海へと行くこともいいでしょう。本を読むことも助けになります。どんな本かによりますが。
    もうすぐ全国で学校が始まります。私にとって一番怖い一ヶ月が始まります。頑張らないと」と外出、読書のススメ。
    それから1週間、ホームページ閉鎖宣言に至ってしまった。

     SNS上には「夜回り先生が大変そう」「若者の悩み、水谷先生1人で抱えてきた感が…少し休んでほしい」
    「相当お疲れなのだな。養生してほしいな」などの書き込みが相次いだ。

     高校教師時代に夜の繁華街をパトロールし始め、繁華街をさまよう少年少女たちと向き合い「夜回り先生」と呼ばれ、多数の著書がある。

    ◇ 水谷修氏 Photo By スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ★1: 2019/08/22(木) 14:27:30.50
    前スレ
    【教育】「夜回り先生」水谷修氏 HP閉鎖へ「もう、疲れました。さようなら」ネット心配の声★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566456794/


    【【夜回り先生・水谷修】HP閉鎖「もう、疲れました。さようなら」】の続きを読む

    このページのトップヘ