芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ:スポーツ選手 > テニス


    杉山 (すぎやま あい、1975年7月5日 - )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手、テニス指導者。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。血液型はA型。SWTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでは38勝。
    82キロバイト (9,373 語) - 2021年2月15日 (月) 04:59




    (出典 s.eximg.jp)


    おめでとうご

    1 ひかり ★ :2021/02/15(月) 11:01:51.21 ID:CAP_USER9.net

     元プロテニス選手の杉山愛さん(45)が15日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・午前8時)で第2子を妊娠していることを生報告した。出産予定日は7月だという。

     杉山さんは番組の最後に「実はこのたび第2子を授かることが出来まして」と発表すると、MCの加藤浩次らから「おめでとう」と拍手を送られた。

     「やっと安定期に入ったので、こうやってお知らせさせて頂いて。本当にすみません、ありがとうございます」と話すと、「予定は7月なので夏に産まれるんですけど、まだ性別とかは分かっていないので。楽しみです」と笑顔を浮かべた。

     うれしい報告に加藤は「全然気づかなかったんですよね」と驚いた様子だったが、最後は「本当におめでとうございます」と改めて祝福の言葉を述べた。

     杉山さんは2011年11月に6歳年下の会社員と結婚したことを発表。15年7月に第1子長男を出産した。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/10575a5dcfebde1f90e5abf9a0b0fa6c2e290077


    【【テニス】杉山愛さん、第2子の妊娠を報告 7月に出産予定 加藤浩次驚き「全然気づかなかった」】の続きを読む


    大坂 なおみ(おおさか なおみ、英: Naomi Osaka、1997年〈平成9年〉10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス1位。これまでにWTAツアーでシングルス6勝を挙げている。うちグランドスラムは通算3勝で、2018年と2020年の全
    125キロバイト (9,312 語) - 2021年2月14日 (日) 13:17




    (出典 imgjapan.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/02/14(日) 12:07:30.84 ID:CAP_USER9.net

    2021.02.14 11:08
    https://www.thetennisdaily.jp/news/grandslam/australia/2021/0043651.php

    (出典 image.thetennisdaily.jp)


    14日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会7日目。女子シングルス4回戦で、第3シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第14シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と対戦。大坂は2本のマッチポイントを握られながらも、4-6、6-4、7-5のフルセットの末勝利し、2年ぶりのベスト8へ進出した。

    第3セットも大坂のサービスゲームからスタート。序盤3ゲームはお互いにサービスゲームをキープし合う立ち上がりとなった。

    第4ゲームで30-40とこのセットで両者通じて初となるブレークポイントを握った大坂だが、ここはしのがれてしまう。それどころか続く第5ゲームで15-40とされ、ピンチを迎えた大坂。ラリーを制して1本しのぐが、ダブルフォルトをしてしまい、ブレークを喫した。

    ブレークされた直後の第6ゲームで大坂はなんとか食いついてデュースに持ち込むが、気迫のプレーをするムグルッサからブレークポイントを握ることができない。

    諦めない大坂は第8ゲームで30-40とチャンスを作ったが、ムグルッサのワイドに切れるサーブ、そして外からねじ込んでくるショットに対応できず、ブレークすることができない。

    第9ゲームの自身のサーブで2本のマッチポイントを握られるが、ここを耐えて望みを繋ぐ。すると相手のサービング・フォー・ザ・マッチで15-40のチャンスを作る。デュースまで粘られるも、大坂が土壇場でブレークバックに成功。

    これで息を吹き返した大坂は第12ゲームでもブレークし、劇的な逆転勝利を飾った。

    勝利した大坂は準々決勝でシェイ・スーウェイ(台湾)と対戦する。スーウェイは第19シードのマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)を破っての勝ち上がり。

    (テニスデイリー編集部)


    【【テニス】大坂なおみ 崖っぷちから逆転し全豪OPベスト8進出!前年準Vムグルッサを撃破】の続きを読む


    大坂 なおみ(おおさか なおみ、英: Naomi Osaka、1997年〈平成9年〉10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス1位。これまでにWTAツアーでシングルス5勝を挙げている。身長182cm。体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
    120キロバイト (8,737 語) - 2020年9月12日 (土) 22:49



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    おめでとうご

    1 ばーど ★ :2020/09/13(日) 07:12:15.22 ID:CAP_USER9.net

    全米オープンテニス女子シングルス 大坂なおみが優勝 2度目の制覇
    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1304905321404444672
    (deleted an unsolicited ad)


    【【テニス】全米オープンテニス女子シングルス 大坂なおみが優勝 2度目の制覇】の続きを読む


    シャラポフであり、ロシア語圏では男性名詞・女性名詞に苗字が分かれており、女性名詞では『シャラポワ』男性名詞では『シャラポフ』である。ベラルーシ人の両親の間で生まれたシャラポワは、ロシアで生まれたためにロシア人扱いになっている。2010年10月にNBAのロサンゼルス・レイカーズに所属するサーシャ
    57キロバイト (4,059 語) - 2020年2月26日 (水) 17:04



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


    お疲れ様でした!

    1 シャチ ★ :2020/02/26(水) 22:36:30 ID:KbokC2bO9.net

    2/26(水) 22:33配信共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000190-kyodonews-spo
     【モスクワ共同】女子テニスで元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(32)=ロシア=が26日、米誌で現役引退を表明した。


    【【女子テニス】シャラポワが引退表明!】の続きを読む


    大坂 なおみ(おおさか なおみ、英: Naomi Osaka、1997年10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス1位。これまでにWTAツアーでシングルス3勝を挙げている。身長180cm。体重69kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
    111キロバイト (7,831 語) - 2019年9月16日 (月) 16:22



    (出典 2019.images.forbesjapan.media)


    すごいですね!このまま上までいってほしいですね!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/21(土) 14:11:47.50 ID:whMmWN1L9.net

     女子テニス「東レ・パンパシフィック・オープン」第6日は21日、大阪市のITC靱TCで行われ、準々決勝で、世界ランキング4位の大坂なおみ(21=日清食品)が、同36位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)と対戦。6-4、6-4でストレート勝ちし、この日行われる準決勝に駒を進めた。  雨による悪天候の影響で1日順延となった、仕切り直しの一戦。過去3戦3敗の“天敵”で、1セットも奪ったことのない相手に対し、第1セットは、第1ゲームをラブゲームでキープすると、第2ゲームもラブゲームでブレークし、8ポイント連取の上々のスタート。時折ジャンピングバックハンドの“ジャックナイフ”を決めながらゲームをキープし、第6ゲームもブレークに成功した。

     ゲームカウント5-1と試合を優位に進めなたが、第7、第9ゲームでブレークされ、ブレークの数で並ばれる展開に。それでも第10ゲームでブレークバックに成功し、このセット6-4で過去全敗の相手から初めてセットを奪った。

     第2セットは、第1ゲームをブレークされたが、直後にすぐさまブレークバック。プティンツェワのスライスボールやドロップショットに手こずりながらも、強烈なショットと、要所でサービスエースを決めるなど躍動。第9ゲームでブレークを許したが、第10ゲーム、大坂がマッチポイントを奪ったプレーで、プティンツェワが左足を負傷。メディカルタイムアウトで試合が中断となる中、再開後にポイントを奪って、6-4でストレート勝ち。「生まれ育った特別な場所」と語る大阪で天敵にリベンジし、4強入りを果たした。


    2019年09月21日 13:57テニス
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/09/21/kiji/20190921s00028000251000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【テニス・大坂なおみ】4強!過去3戦全敗“天敵”にストレート勝ち ダブルヘッダーの準決勝へ】の続きを読む

    このページのトップヘ