芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ:お笑い芸人 > ダウンタウン


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。利き手は左利きである。 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。 愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    32キロバイト (4,083 語) - 2019年12月14日 (土) 15:36



    (出典 news.mynavi.jp)


    これは超人すぎるでしょww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/15(日) 02:41:45.86 ID:FT9JVYfj9.net

    14日放送のTBS系「炎の体育会TV SP」(土曜・後7時)に、ダウンタウンの松本人志(56)が「体育会TV軍助っ人ゲスト」として初出演、ベンチプレスに挑んだ。

    この日はスキージャンプの小林潤志郎(28)、小林陵侑(23)、小林龍尚(18)の小林3兄弟からなる「最強スキージャンプ軍」と「体育会TV軍」が3番勝負を展開。
    松本は「ベンチプレスVS垂直ジャンプ」と題した勝負に出場した。

    体重65キロの松本が95キロのバーベルを上げるごとに、高さ90センチの回転バーを4回ジャンプする“異種耐久対決”。
    この勝負で、松本は予想を上回る26回連続でベンチプレスをさせたが、龍尚は104回ジャンプを成功させ、松本が先にギブアップ。惜しくも敗れた。

    しかし、56歳の驚異のパワーに、MCの今田耕司(53)らは「バケモノです」と大盛り上がり。
    松本はぐったりした表情で「どういうこと?」と龍尚に驚きながら、最後は胸筋をピクピクさせながら「ノーギャラやからね」と笑わせた。

    さらに、番組名こそ出さなかったが、自身がMCを務めた同局系「クレイジージャーニー」が不適切な演出の発覚で、放送休止から打ち切りとなったことに触れ「(体育会TVの)レギュラーにしてもらおうかな。
    TBSで番組1個減るから」と、軽く“ぶっこむ”ことも忘れなかった。

    松本のベンチプレスでの奮闘にツイッターでは「まっちゃんスゲー」「松本さん95キロのベンチプレスあげてるけど、その辺の56歳にはあがらないぞ。
    その辺の20、30、40でも上がらないか。すごすぎる」などの声が並んだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17527176/
    2019年12月14日 21時58分 スポーツ報知


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 www.fitness-tomo.com)


    (出典 happy-journey123.com)


    (出典 swim-matome.com)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    前スレ                     2019/12/14(土) 22:18
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576329522/


    【【ダウンタウン・松本人志】ベンチプレス95キロを26回に驚きの声!】の続きを読む


    佐野 史郎(さの しろう、1955年3月4日 - )は、日本の俳優、映画監督。島根県松江市出身。 医師である父親がインターン勤務で山梨にいた関係で山梨市に生まれる。佐野家は島根県松江市で代々続く医家。 生後間もなく東京都世田谷区に移り、のち練馬区に転居。7歳の時に父親が松江の実家(医院)を継ぐため郷
    57キロバイト (7,367 語) - 2019年10月30日 (水) 02:52



    (出典 dot.asahi.com)


    ワイドナショーでも謝罪してましたね!

    1 muffin ★ :2019/11/17(日) 11:09:53 ID:GMDgOlTG9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2148347/full/
    2019-11-17

     お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が17日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演した。

     日本テレビの年末特番『ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)』のロケ中にけがを負った俳優の佐野史郎(64)に「申し訳ないとしか言いようがない」と謝罪した。

    日本テレビの発表では、6日午後8時ころ、佐野はロケで「液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く」という企画に挑戦した際に負傷し、「全治まで約2ヶ月の治療期間を要する見込み」と診断された。

     負傷を発表する際に佐野は「番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております」とコメントしている。

     そのコメントを受けて松本は「すごく大人の対応をしていただいた。スタッフも反省と感謝しかないでしょう」と心境を明かしながら「僕としては佐野さんにゴネてもらって番組が…」と過酷なロケで知られる番組についての本音をぽろり。東野幸治が「やりたくないだけでしょ」と苦笑いでツッコむと、松本は「これが難しくて、我々レギュラー5人も当日に何をやらされるか、誰が来て何をとか全く知らされていない。こういうときに『知らなかった』と言うと『はい。松本が逃げた』みたいな感じに言われてしまう」とボヤいた。

     最後は「1日も早く元気になってもらいたい」と佐野の回復を願い、「浜田が悪いでいいんじゃないですか」と相方の浜田雅功に全責任を押し付けて笑わせた。


    【【ダウンタウン・松本人志】『ガキ使』で骨折の佐野史郎に謝罪「申し訳ない」「すごく大人の対応をしていただいた」】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    31キロバイト (3,995 語) - 2019年10月9日 (水) 17:36



    (出典 img.jisin.jp)


    メンディーの方が似ている気がしますがw

    1 峠 ★ :2019/10/20(日) 11:21:11.64 ID:CAP_USER.net

     「ダウンタウン」の松本人志が20日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で激似と評判の
    ラグビー日本代表のプロップ中島イシレリ(神戸製鋼)を「他人な感じはしない感じはあります」と明かした。

     番組では初の8強進出したラグビー日本代表を特集。スタジオで中島について聞かれた松本は
    「うわさには聞いてます」とし「何となくですけど、そんな似てないと思います」と明かした。続いて松本と中島を並べた写真が
    映し出されると「これ、絶対、向こうが合わしてきてるよね」と爆笑した。

     出演者から中島が「けっこう元々、松っちゃんが好き」と話していることを伝えられると。おもろくて。
    似せるようにやっているわけじゃないけど」と、松本は「子どもで見たやつ、7つの間違いを探せみたいなヤツやね」と笑わせ、
    自身の髪型は「これはIOCのバッハ会長」とギャグにした。その上で中島を「他人な感じはしない感じはあります」とまとめていた。

    松本と中島

    (出典 hochi.news)


    ソース スポーツ報知 10/20 11:07
    https://hochi.news/articles/20191020-OHT1T50059.html


    【【松本人志】激似と評判のラグビー日本代表の中島イシレリに「絶対、向こうが合わしてきてる」】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    31キロバイト (3,995 語) - 2019年10月9日 (水) 17:36



    (出典 www.news-postseven.com)


    有名な話ですw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/13(Sun) 11:17:06 ID:MY2VVmXR9.net

    「ダウンタウン」の松本人志が13日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。相方の浜田雅功の意外な過去を明かした。

    番組では、藤田菜七子騎手のJRA女性騎手で重賞初制覇を特集した。スタジオには競馬ファンのお笑いコンビ「かまいたち」山内健司が出演。
    松本は「ちなみになんですけど」と山内のギャグを引用し「うちの相方の浜田さんなんですけど、高校出てすぐに競艇の選手になろうと。体重が軽かったんで」と明かした。

    その上で「試験受けたんですけど、学科で滑ったんです」と笑わせ「船の上で書いたんかなと思った」と笑った。
    続けて松本は「ちなみになんですけど」と繰り返し「浜田、まだ愛人いると思う」と笑わせていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17226152/
    2019年10月13日 11時6分 スポーツ報知


    【【ダウンタウン・松本人志】相方の浜田が競艇学校を受験していたことを明かす…「試験受けたんですけど、学科で滑った」ww】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    31キロバイト (3,993 語) - 2019年9月16日 (月) 01:06



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    テレビはやらせの方が多いもんだと思っていますw

    1 muffin ★ :2019/09/30(月) 17:25:24.67 ID:ERA2UKY+9.net

    https://friday.kodansha.co.jp/article/69615

    「ダウンタウン」の松本人志が9月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、TBSの新番組のMCに抜擢された立川志らくに対し「僕はちょうどTBSが一本なくなるんですよ」と笑いを誘った。

    クレイジージャーニーはDVDの販売も好調で、‘16年には「リアカーマン」という企画でギャラクシー賞を獲った超人気番組。芸能人の中にもファンは数多くいる。

    その中で最も人気がある企画のひとつが、静岡大学の講師である加藤英明氏が海外で珍しい生物捕獲するもの。その撮影中にスタッフが事前に準備した生物を、その場で発見して捕まえたかのように見せる“やらせ”演出をしたとして番組休止を発表。ホームページでは過去の放送で発見した26種類の生物のうち11種類が“仕込み”で、その生物名を公表した。

    一方で、仕込みを知らされていなかったとされる加藤氏は、いまだに沈黙を貫き身の潔白を証明しようとしない。9月26日発売の『週刊新潮』の取材に対しても、「取材はお受けしていません。TBSまでお問い合わせください」とメールで回答するなど、まるで他人事のような対応だ。

    「問題となったメキシコでのロケは4日間でした。海外ロケの場合、ディレクターは言葉の壁もあるので、現地のことは海外コーティネーターにすべて依頼します。クレイジージャーニーの加藤氏が出演したメキシコ以外も毎回、同じ女性コーディネーターだったとか。制作サイドからの“やらせ強要”にも応えてくれるからこれだけ仕事が舞い込んできたのでしょう」(ワイドショー関係者)

    つまり、番組ディレクターと海外コーディネーターが“一蓮托生”となってやらせを行っていたようだ。だが、“やらせ”を行わざるをえない状況は、テレビ局とコーディネーターの力関係が大きいと、テレビ撮影に詳しい別の海外コーディネーター関係者が明かす。

    「海外ロケは予算も厳しく日程も短いが、オンエア日は絶対動かせない。しかも松本さんがスタジオで見ているのに“何も撮れませんでした”と放送するわけにはいかない。相当追い込まれる環境だったのはないでしょうか。そこで、おのずと“やらせ”という保険に手を出すことになったのでしょう。我々コーディネーターが制作サイドの無茶ぶりにどこまで付き合うかは難しい。仕事は請け負いたいがハードな“やらせ”に加担するのも嫌なので毎回せめぎ合いです。実際に墓場まで持っていかなければならないやらせは無数に経験しています。ですが、“やらせ”だからって毎回のように断っていたら、それこそ『あそこのコーディネーターは使えない』という噂が日本中のテレビ局に広まってしまい、干されてしまいますからね…」

    経費節減がうるさいテレビ局だが、海外ロケで払うコーディネーター料だけは今も“言い値”で払われている。物価にもよるが、1週間で数百万円を払うのはざら。そこには当然、日本から行くスタッフの飛行機代や宿泊費は含まれない。また、国によっては、どんな小規模の商業放送の撮影でも、その国のコーディネーターを通さないと法律違反になるところもある。

    「今回、担当したディレクターはTBS局員ではなく外部の制作会社のスタッフだった。彼らにとっても、多額の経費がかかる海外ロケで、使えないVTRしか撮ってこられなければ、当然、契約解除されるというプレッシャーを感じている。だから、現地のコーディネーターに“やらせ”をお願いしてまで、上の期待に応えられるモノを撮ってきたかったのでしょう。この構図はTBSだけでなく、他のテレビ局でもよくあることですよ」(テレビ局関係者)

    局員からのプレッシャーから“やらせ”に手を染める下請けの制作スタッフ。そんな彼らの強引なお願いに、日本の評判を気にして受けてしまう海外コーディネーター。そんな“負のスパイラル”が「海外ロケ」には当たり前のように存在しているのだ。


    【【松本人志】 テレビ番組の海外ロケが『やらせ放題』のワケ 「“何も撮れませんでした”と放送するわけにはいかない」】の続きを読む

    このページのトップヘ