芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ:アーティスト > ベテラン歌手


    小林 幸子(こばやし さちこ、1953年12月5日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。本名、林 幸子(はやし さちこ)。旧姓、小林。血液型はA型。身長165cm。漫画家の小林まこととは親戚である。「幸子プロモーション」所属。 新潟県新潟市(現在の新潟市中央区)出身。1963年、9歳の小
    116キロバイト (9,129 語) - 2019年10月1日 (火) 08:15



    (出典 bert-bert.com)


    そんなに視力落ちちゃうのですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/10(木) 19:45:56.28 ID:swpPJ9/U9.net

    演歌歌手・小林幸子(65)が9月24日に右目の網膜剥離の手術を受けていたことを10日、明かした。
    手術は成功したが、一時的に視力が落ちている状態だという。

     9月18日あたりから、飛蚊症のような症状が出ていたという。
    小林は「周りの人に相談したら、そういうのはあるからみたいな感じだったので、放っておいた」が、
    21日になり「タピオカくらいの丸い小さな黒い影がいっぱい見えて、これは飛蚊症じゃない」と慌てて医者に駆け込んだという。


     その時点で網膜剥離の診断を受け、3日後に症状が悪化し、緊急手術を受けることになった。
    医者からは「手遅れになります」といわれるほどの状態で、失明の危機にもあったという。
    「手術が終わった後にストレッチャーで運ばれているとき、看護婦さんからは『本当によかったね』といわれた。

    本当にギリギリのところだったみたい」と胸をなでおろした。

     今回の手術で2泊3日の入院をしたが、仕事には穴をあけることはなかった。先月29日には佐賀で行われたNHK「のど自慢」にも生出演。
    「仕事にも影響が出ないように、シリコンオイルを使った手術をした
    そのおかげで仕事はキャンセルせずにやれた」と話した。

     経過は良好だが、この日、新潟県長岡市山古志地域にある「幸子田」を訪れた小林の右目には眼帯が着けられていた。
    「視力が落ちて、もともと1・0くらいあったんですが、0・07まで落ちている」と打ち明けた。
    視力を戻すには時間もかかり、現在は「光が目に入ると痛い」とも話した。

    それでも5月に一緒に田植えをした中川翔子(34)と脱穀作業を行った。
     
    2004年に起きた中越地震の復興のシンボルとして06年に作られた「幸子田」
    で14回目の脱穀作業を終えた小林は「安静にしなきゃいけないのですが、こうやって山古志のみんなに会えて一緒に脱穀ができたのは幸せ」と笑みを見せた。

    2019年10月10日 18時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17212800/


    (出典 i.imgur.com)


    【【歌手・小林幸子】網膜剥離で緊急手術受けていた「視力1・0から0・07に落ちた」】の続きを読む


    森高 千里(もりたか ちさと、1969年4月11日 - )は、歌手・シンガーソングライター・マルチプレイヤー。1987年に、歌手としてメジャー・デビューを果たした。その後、様々な楽器に触れながら表現手法を拡張し続け、現在ではライブ活動を中心に、雑誌連載や音楽番組のMCなど多様な分野で才能を発揮して活動している。本名:江口
    64キロバイト (5,399 語) - 2019年10月6日 (日) 09:13



    (出典 amassing2.sakura.ne.jp)


    ずっとお綺麗です!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/07(月) 14:36:11.02 ID:YLbJZjz69.net

    歌手の森高千里(50)が7日までに自身のインスタグラムを更新し、ライブツアーのオフショットを公開した。

    ライブツアー中の森高は「東京2日目無事に終わりました。今日も盛り上がりました~!」と昭和女子大学・人見記念講堂公演の成功を報告。
    前日のライブとは「衣装 セットリストが違うバージョンでした」とし、「好評だったので、これからのツアーでも織り交ぜてこうと思います。楽しみにしていてくださいね」と今後も継続して行きたいとした。

    ファンからは「全然変わらないなぁ」「かっこよかったです」「何歳になったらおばさんになるんすか!?(笑)」「相変わらず綺麗過ぎます」などの声が寄せられていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17194624/
    2019年10月7日 11時20分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【歌手・森高千里】ライブで美脚披露で大反響!】の続きを読む


    つんく()(1968年10月29日 - )は、日本の音楽家、作詞家、作曲家、実業家。総合エンターテインメント事務所TNX(ティーエネックス)株式会社代表取締役社長。公式サイトでは自身を「総合エンターテインメントプロデューサー」としている。 1992年にロックバンド・シャ乱Qのフロントマン(ボーカリ
    62キロバイト (8,082 語) - 2019年9月27日 (金) 08:08



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    お赤飯おいしいですよね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/02(水) 19:50:30.84 ID:DLL/H28b9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ハワイを生活の拠点にしている音楽プロデューサーのつんく♂が2日に自身のアメブロを更新。妻が子ども達に作った赤飯弁当を公開した。

    つんく♂の実家では毎月1日を「おついたち」と呼んで赤飯となますを食べるといい、現在でも月初めに赤飯を炊く風習を続けている。

    この日も毎月恒例となっている赤飯の写真を公開。3つ並んだ弁当箱に赤飯が詰められており、他にも塩麹のチキン・野菜といったおかずが添えられている。

    3つの弁当箱を見てつんく♂は「俺の分無いやん!」とツッコミを入れつつも、ホノルルでは給食が無いため子ども達が毎日弁当を持参していることを説明し
    「毎日「大変大変」言いながら作ってますが、それでも空っぽの弁当箱を洗うときにはいつも嬉しそうな妻。うん、サンキュ!」と妻への感謝を述べた。

    この投稿には「温かい家庭が、目に浮かびます」「奥様と変わらず仲良しで和みました」「奥様さすが!です」といったコメントが寄せられている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17172636/
    2019年10月2日 19時29分 AbemaTIMES


    シャ乱Q 『いいわけ』


    シャ乱Q 上・京・物・語


    LOVE ~since 1999~ 浜崎あゆみ & つんく


    【【つんく♂】子ども達のお赤飯弁当を公開「俺の分無いやん!」w】の続きを読む


    竹内まりや〝ラスボス中のラスボス〟ついに紅白初出場へ! (2019年9月21日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    シンガーソングライター・竹内まりやの最新アルバム『urntable』が、9月23日付のオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。64歳6カ月での1位獲得は、松任谷由実 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    竹内 まりや(たけうち まりや、1955年3月20日 - )は、日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。通称「シンガーソング専業主婦」。本名:山下 まりや(旧姓:竹内)。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はスマイルカンパニー。 島根県簸川郡大社町(現出雲市)出身で、実
    68キロバイト (5,832 語) - 2019年9月20日 (金) 02:22



    (出典 genzai.link)


    とうとうですか!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/22(日) 09:37:42.70 ID:VGZ4fsem9.net

    シンガーソングライター・竹内まりやの最新アルバム『urntable』が、9月23日付のオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。
    64歳6カ月での1位獲得は、松任谷由実の64歳3カ月を上回り、女性最年長記録となった。

    昭和、平成、令和の3つの時代で1位になるなど、今や世代を超えて多くのファンの心をつかんでいる竹内だが、
    今回のアルバムはかなりプロモーションに力を入れていることが話題になっている。

    「もともと、テレビ出演をほとんどしないことで知られている竹内ですが、山下達郎と結婚してからは家庭最優先で、音楽活動自体も縮小させていました。
    今回のアルバムは女性最年長1位記録もかかっていたため、事前プロモーションにはかなり力を入れていましたね。
    しかし、発売初日に売り上げで矢沢永吉に負けてしまったため、急きょ、夫の山下のライブ会場で直筆サイン色紙がもらえるキャンペーンまで行っています。
    ライブのチケットを持っていなくても会場に行けば誰でも買えるので、多くのファンが訪れたようです。オークションサイトに多数、色紙が出品されていることからも、
    転売ヤーが商材として目を付けるほどの人気ぶりだったようです」(音楽誌ライター)

    山下達郎も珍しく後押しを
    去る8日には『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)に出演。17歳でアメリカに留学したときの恋愛事情などを赤裸々告白した。
    また、芸人のヒロシが「ヒロシです…」とつぶやく際のBGMが、竹内がカバーしたものであることから、
    「まりやです……ほんのたまにテレビに出ると、毎回決まって『老けたしょこたんみたい』と言われます」「まりやです……渋谷駅でじろじろと顔を見てくる人がいたので、『新曲を出したからかな?』と思いつつ、その場を足早に去りました。
    帰宅後に鏡を見ると、ヨード卵光のシールがこめかみに張り付いていました」などと、かなり高レベルな〝自虐ネタ〟を披露し、大反響を呼んだ。

    「17日には38年ぶりに音楽番組『MUSIC FAIR』に出演しました。

    アルバムに収録されている2曲を披露するなど、ここでもプロモーションに余念がありませんでしたね。
    また、7日にはNHK-BSプレミアム『竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~ 完全版』も放送されたことから、年末のNHK紅白出場を真剣に狙っているとウワサされています」(同・ライター)

    NHKは過去に何度も竹内に紅白出場を打診しており、本人も乗り気だったことがあったというが、いずれも、夫の山下の反対で断念している。
    今回は山下もアルバムのプロモーションに積極的に絡んでいることから、竹内の紅白出場を後押しする可能性は高そうだが…。

    満を持しての〝ラスボス中のラスボス〟の登場で、松任谷由実や中島みゆきら同世代アーティストを一気に蹴散らすことができるか。ファンの期待が高まっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/2011734/
    2019.09.21 10:31 まいじつ


    シングル・アゲイン 竹内まりや


    駅/竹内まりや


    竹内まりや 天使のため息

    前スレ                   2019/09/21(土) 15:37
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569047834/


    【【歌手・竹内まりや】ついに『紅白』初出場へ!】の続きを読む


    岡田 有希子(おかだ ゆきこ、1967年8月22日 - 1986年4月8日)は、日本のアイドル歌手、女優である。本名は佐藤 佳代(さとう かよ)。愛称は「ユッコ」。身長155cm、体重44kg、B86cm・W58cm・H84cm、血液型O型、視力左右0.1以下。
    138キロバイト (11,314 語) - 2019年9月2日 (月) 13:46



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    昔からのファンが多いと聞きます!

    1 湛然 ★ :2019/09/18(水) 05:05:08.04 ID:j5ZQ7dPV9.net

    9/18(水) 4:00 日刊スポーツ
    岡田有希子さんアルバム10月発売 竹内まりや追想
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-09170483-nksports-ent

    竹内まりや(右)が提供した、デビュー当時の岡田有希子さんとのスタジオで収められた2ショット写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1986年(昭61)に亡くなったアイドル岡田有希子さん(享年18)の歌声が令和に再び聞ける。シンガー・ソングライター竹内まりや(64)が提供した全11楽曲を収録したコンピレーションアルバム「岡田有希子 Mariya’s Songbook」が、10月16日に発売されることが17日、分かった。まりやは発売にあたり、デビュー当時の有希子さんと自身の2ショット写真を提供。「永遠のアイドル」と有希子さんを追想した。

         ◇     ◇     ◇

    約2年という短い期間ながら、昭和アイドル史に鮮烈な1ページを残した有希子さん。その間、竹内は作詞作曲で9曲、作詞2曲の計11曲を提供。その全楽曲がコンプリートされたアルバムが時代を経て令和に発売される。

    有希子さんの歌声が時を超えてよみがえる。竹内は発売にあたり、トレーナー姿でほほ笑むデビュー当時の有希子さんと2ショットで撮った写真を提供。「彼女が生きていたら52歳…没後33年たった今も、あの愛くるしい笑顔と、ほのかな憂いを含んだ歌声が私の胸の奥に深く残っています」と振り返る。

    2人の出会いは有希子さんのデビュー前。所属レコード会社の名プロデューサーだった故・渡辺有三氏が考案した有希子さんのコンセプト「六大学野球を見に行く山の手のお嬢さん」に合うとして、竹内が起用されたのがきっかけだった。有希子さんは84年4月、竹内まりや作詞作曲「ファースト・デイト」でデビュー。同年シングル「リトル・プリンセス」「-Dreaming Girl-恋、はじめまして」の学園恋愛3部作は全て竹内作。有希子さんは日本レコード大賞・最優秀新人賞などに輝く鮮烈デビューとなった。

    竹内は今月4日発売した自身の40周年記念アルバム「Turntable」でも「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」の3曲をセルフカバー。有希子さんに提供した曲への思い入れは強い。

    竹内 デビューから連続での3部作をはじめ、私にとって最も多くの楽曲を提供した歌手は、他ならぬ有希子ちゃんでした。33年の歳月を経て、やっと私自身が「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフカバーすることができた今年、ほぼタイミングを同じくして、思い入れの深かった有希子ちゃんへの提供作品が、ここに1枚のソングブックとしてアルバム化できることを心からうれしく思います。

    竹内にとって今も自らの作品を輝かせる存在。今回、制作側もその楽曲のすばらしさを残そうと、アルバム発売に至った。竹内は「まぶしいティーンエージャーのまま姿を消してしまった彼女は、まさに『永遠のアイドル』となり、あの頃と変わらぬ歌声で青春のときめきとせつなさを私たちに与え続けています」と有希子さんに思いを寄せた。【大井義明】

    ◆岡田有希子(おかだ・ゆきこ)本名・佐藤佳代。1967年(昭42)8月22日、愛知県生まれ。83年オーディション番組「スター誕生!」でチャンピオンになり、84年デビュー。グリコのCMやドラマ「禁じられたマリコ」主演などで活躍。愛称ゆっこ。三十三回忌にあたる昨年4月8日も、最期を迎えた都内のビルの前や墓前にファンが追悼に訪れるなど人気は根強い。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【竹内まりや】岡田有希子さんのコンピレーションアルバム10月16日発売】の続きを読む

    このページのトップヘ