芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ:女優 > 広瀬すず


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』(集英社)のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    85キロバイト (10,824 語) - 2019年10月14日 (月) 07:12



    (出典 pbs.twimg.com)


    お忙しそうです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/20(Sun) 01:52:43 ID:k4DU/OcS9.net

    女優の広瀬すずが17日、都内で行われたクロックス・ジャパン「2019年秋冬キャンペーン記者発表会」に出席した。

    同商品のグローバルキャンペーンアンバサダーを務める広瀬は、今回のキャンペーンのテーマ「色で自分らしく」にちなみ、MYカラーは何色か尋ねられると「1番落ち着くのは黒なんですけど、最近は明るい色も好きになってきて、洋服とかも暗い色が多かったんですけど、最近は紫と緑が好きですね」と明かし、色に関して印象に残っていることについては「『Seventeen』の専属モデルから始まっているんですけど、同期4人が1人ずつ色をバックに写真を撮ったとき、私は黄色だったんです。『黄色はパーンとしたイメージがある』と言われて、そこから黄色が好きになりました」とエピソードを語った。

    さらに、「その後からは役で赤に触れることが多くて、今日もなんですけど(笑)、お仕事で出会う色は赤なんだなって思ったりします」と語り、そんな赤でキメたこの日のファッションのポイントを聞かれると「寒くなってきたのでタートルネックを重ねました(笑)」とお茶目に笑った。

    また、トークの中で"好きな場所"を尋ねられるとパリを挙げ「10代のときに1度パリに行って、街が印象的で"また大人になってもう1回行きたいな"って初めて思いました」と目を輝かせ、「ほかにも何ヶ所か海外に行かせてもらったことがあって、"また来れたらいいな"って願望はあるんですけど、パリに関しては"また行きたい!"って。パリには憧れがあります」と吐露。

    もし1週間休みがあったら何をしたいか聞かれると「田舎の森とかに行ってテントで寝たいです(笑)。キャンプじゃないんですけど、そういうことが結構好きだったりするので、誰もいない自然に囲まれて解放的になりたいですね」と願望を明かし、具体的な場所を追求されると「それこそ朝ドラで北海道に行っていて、新鮮な感じでいられたんですけど、ピンポイントで同じところに行っていたので、北海道でも違うところに行ってみたいですね」と声を弾ませた。

    さらに、最近"串揚げ"にハマっているそうで「初めてじゃないんですけど、串揚げって意識して食べに行ったのがお仕事を始めてからで、揚げ物が大好きなので"なんて美味しいんだろう"と思って、大阪にお仕事で行ったときに『何食べたい?』って聞かれて、『串揚げ!』って言って、皆さんで行った串揚げのお店がめちゃくちゃ美味しくて、そこからいつも食べたいなって。毎日食べても苦じゃないくらいです」と笑顔を見せ、「衣が薄いのにサクッとしている感じが“本場は違う”と思って感動しました」と思い返して恍惚とした表情を浮かべていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17258532/
    2019年10月20日 0時0分 マイナビニュース


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【広瀬すず】もし1週間休みがあったら「自然に囲まれて解放的になりたい」】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』(集英社)のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    85キロバイト (10,825 語) - 2019年10月5日 (土) 04:45



    (出典 pbs.twimg.com)


    頑張っています!

    1 湛然 ★ :2019/10/07(月) 05:13:04.22 ID:Enrt/x/g9.net

    10/6(日) 22:18 オリコン
    広瀬すず、舞台初挑戦で新境地 体当たり演技で清純派から脱却
    https://www.oricon.co.jp/news/2145920/

    舞台初挑戦で迫真の演技を見せる広瀬すず (C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    公開ゲネプロの模様(左から)広瀬すず、志尊淳 (C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    広瀬すず、舞台初挑戦で志尊淳とラブシーン!体当たり演技で新境地 松たか子らと“ロミジュリ”熱演 『NODA・MAP 第23回公演「Q」:A Night At The Kabuki』公 [oricon]

    (出典 Youtube)



     女優の広瀬すずが6日、池袋・東京芸術劇場で行われた舞台『NODA・MAP 第23回公演「Q」:A Night At The Kabuki』の公開ゲネプロに参加。同作で舞台初挑戦となる広瀬は、これまでの清純派のイメージを一新させる体当たりの演技で、女優としての新境地を見せた。

     劇中では、相手役の志尊淳とのラブシーンや、引き裂かれる恋に泣き叫ぶシーンなど、鬼気迫る表情で圧巻の演技を見せた広瀬。出演にあたり「できれば早く本番が始まってほしいと思っていたので、楽しみです。舞台ならではの生物の繊細さを、皆さんと表現できるよう、足を引っ張らないように努力します!」と意気込みのコメントを寄せた。

     同作は、伝説のバンド・QUEENの名盤「オペラ座の夜(A Night At The Opera)」を舞台化できないかというオファーを受けた、劇作家・演出家の野田秀樹がかねてより温めていた「もしも、ロミオとジュリエットが生きていたならば…」という大胆な構想をもとに数々のワークショップを重ねて書き下ろされた2年半ぶりの最新作。

     江戸を舞台に、シェイクスピア不朽の名作『ロミオとジュリエット』をベースにした同作。悲恋によって命を落としてしまう“運命のその後”を生きながらえた「それからの愁里愛」(松たか子)と「それからの瑯壬生」(上川隆也)。そして恋に疾走する若き「源の愁里愛」(広瀬)と「平の瑯壬生」(志尊淳)という、2組のロミオとジュリエットの運命を、QUEENの名曲とともに描く。

     公演は8日、池袋・東京芸術劇場を皮切りに、大阪・北九州にて上演される。

    (おわり)


    【【広瀬すず】体当たり演技で清純派から脱却!舞台初挑戦で新境地を開拓!】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    84キロバイト (10,746 語) - 2019年9月20日 (金) 07:32



    (出典 realsound.jp)


    ルックスはそんなに関係ない気がしますがw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/01(火) 15:10:23.24 ID:egGBoTpI9.net

    『なつぞら』、朝ドラ100作目にして不評を集めて終わったワケ 原因は広瀬すずのルックス?
    NHK連続テレビ小説『なつぞら』が28日に最終回を迎えた。朝ドラ100作目となった本作。全話平均視聴率は21.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが各社で報じられている。

    両親を戦争で亡くし、十勝の開拓者一家に引き取られたヒロイン・なつ(広瀬すず)が、やがてアニメーターを目指して上京し、草創期の日本アニメ界で活躍するという物語が描かれた本作。しかし、SNS上ではアンチタグが作成され、毎話バッシングが殺到するなど、「黒歴史朝ドラ」ともなってしまった。

    「最終回終了後、視聴者からは『結局、お金と人手を注ぎ込んだ壮大な広瀬すずプロモーションビデオだった』といった揶揄が聞かれました。なつは戦災孤児という生い立ちながら、人に恵まれて育ち、アニメーターになった際も不自然なほど周りがお膳立てしており、歴代ヒロインの中でも苦労知らずで、脚本に対する不信感も多く寄せられましたが、もっとも指摘が集まったのは、なつの外見が全く変わらなかったこと。最終回では、30歳半ば過ぎとなりましたが、見た目も服装も18歳頃からほとんど変わらず。『いつもビジュアル万全で多忙やら寝不足やら徹夜続き感が皆無』『本当に忙しいアニメーターだったのか?疲れたり年取ったりまったくしなかったから、何見せられてるか分からなくなった』という困惑の声が聞かれました」(ドラマライター)

    一方、歴代ヒロインと比較する声も上がっているという

    「『黒歴史朝ドラ』と呼ばれた作品は、『半分、青い。』『純と愛』などありますが、ヒロインの永野芽郁や夏菜には、実はさほど批判が集まらず。『これが代表作になるなんて可哀想』といった同情が寄せられています。しかし、反対にヒロインへの批判が寄せられたのは、『まれ』の土屋太鳳、『わろてんか』の葵わかな。単純にストーリーに粗さがあるだけではなく、『なつぞら』のように、老けない、苦労が感じられない、ビジュアルがメインになっているという指摘があり、『役作りができていない』という苦言も多く寄せられました。土屋、葵は朝ドラで下がったイメージがいまだ払しょくできず、好感度の低い女優のまま。広瀬も二の舞になるのでは? といった懸念も囁かれています」(同)

    歴代ヒロインも多く出演し、NHKが力を入れて制作したはずの『なつぞら』。
    悪い意味で視聴者の記憶に残る作品となってしまったようだ。

    2019/9/30 16:30 リアルライブhttps://netallica.yahoo.co.jp/news/20190930-75146579-naigai


    【【広瀬すず】『なつぞら』、朝ドラ100作目にして不評を集めて終わったワケ 原因は広瀬すずのルックス?】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    82キロバイト (10,488 語) - 2019年8月23日 (金) 21:35



    (出典 www.planetpixmedia.com)


    ちょっと過敏に反応し過ぎのような気もしますが・・・。

    1 ばーど ★ :2019/08/27(火) 11:14:56.89 ID:UAAUWjdc9.net

     現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』公式ツイッターアカウントがアップしたある動画が物議を醸している。

     問題となっているのは『なつぞら』公式アカウントが25日にアップしたある動画。23日に放送された第125回でなつは無事女の子を出産し、一児の母となったが、25日の動画には「本番前に新生児を抱く中川大志さんと、恐る恐る抱く姿がおもしろくて笑ってしまう広瀬すずさん」とのコメントがあった。ベッドに横たわる広瀬が、赤ちゃんを恐る恐る抱っこする夫・坂場一久役の中川を見て面白がり、指をさして笑う様子を収めた動画だった。

     この動画に広瀬のファンからは、「ほっこりした!」「仲良し」などの声が集まっていたが、一方では「撮影協力してくれている新生児を大切に扱わねばならないシーンで気を使っているのに1人中川さんを指差して笑う。こういう広瀬さんの態度がなつに表れてる」「笑う意味が分からない。感じ悪すぎる」「母親役なのに大切そうに赤ちゃん抱っこする人に思いやりがないとか…」という声も殺到する事態になっている。

     「動画にはほかに、なつの育ての親を演じた藤木直人や松嶋菜々子も映っていましたが、ふたりとも、おっかなびっくり赤ちゃんを抱く中川をさり気なくサポート。藤木はおくるみを直したり、松嶋はさりげなく赤ちゃんの頭を支えたりなどしていました。中川をからかって笑っているのは広瀬だけという状況もあって、アンチから批判が来てしまったようです」(芸能ライター)

     また、今回の炎上はもともと、なつが不評を買っていることも影響しているという。

     「本作については、SNS上で『なちゅぞら』といったアンチタグが本家タグより盛り上がっている状態。ヒロイン・なつの自分勝手で他力本願な振る舞いなどが毎日のように指摘されており、日々批判も上がっています。出産に関してもなつの甘さが批判の対象となっていたタイミングでもあり、大きく炎上してしまったようです」(同)

     歴代100作目にもかかわらず、多くのアンチを生んでいる本作。公式ツイッターがアップした動画すら、批判の対象となってしまっているようだ。

    2019年8月26日 18時0分
    リアルライブ
    https://news.livedoor.com/article/detail/16984991/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【広瀬すず】新生児を抱く『中川大志』を笑うSNS動画で批判殺到!】の続きを読む

    このページのトップヘ