芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    カテゴリ: その他タレント


    2019年9月18日閲覧。 ^ “りんごちゃん 大ブレークの悩み…「フォルムでバレる」” (2019年9月10日). 2019年9月11日閲覧。 ^ a b りんごちゃんりんご食わねえです」キウイのCMイベントで告白中日新聞 2019年9月17日 ^ りんごちゃん、大ブレイクして買ったもの・欲しいものとまさかの“共演NG”な人物
    10キロバイト (1,070 語) - 2019年11月12日 (火) 18:16



    (出典 la-lulala.com)


    どいうことでしょうかw

    1 伝説の田中c ★ :2019/11/12(火) 18:50:17.39 ID:m+u2Krls9.net

     ものまねタレントのりんごちゃんが12日、都内で行われたリアル脱出ゲーム『謎のセレクトショップ』『SCRAPナゾビル吉祥寺』オープン記念記者発表会に出席した。

     武田鉄矢、井上陽水、大友康平など多彩なレパートリーを誇るりんごちゃんだが、ネタのセレクトについて「自分ではものまねの方が降りてくる、そして私から出ているって言っているんですけど、私も謎です」とにっこり。「それは、幼少期…“子りんご”の頃から始まっていて、記憶がない時から着物を着て美空ひばりさんを歌っていたり。音楽がかかれば、ものまねをしていました」と生まれながらのものまね体質であると明かした。

     見た目とものまねの声のギャップで一躍注目を集めているが、周囲からの反響について、“性別の謎”を問われることが多いといい、「そういう概念がないっていうのもあれですけど、“りんごちゃん”っていうものです」とにっこり。「それぞれの見方でよくて。おっさんでも、おしゃれ大好きな女子でも、よし」と呼びかけた。

     イベントに絡めて「脱出したいこと」に関する話題では「去年までの人生から脱出したかった。テレビの中で頑張りたいと思っていても、りんごが出荷されることなくて、悩んでいる自分から脱出したかった。そういう意味では今年脱出できました」と喜びの声。「夢であったテレビの中で働かせていただいているので、むしろ芸能界から脱出してしまわないように頑張らないといけない」と“一発屋”への危機感を募らせていた。

     あす13日からオープンする同店では「謎のセレクトショップ」をコンセプトに、最新のリアル脱出ゲームや過去の名作、海外で話題の体験型ゲームなど、さまざまなエンターテインメントが1日中遊べる“吉祥寺の新名所”を目指す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000335-oric-ent


    【【りんごちゃん】“性別の謎”にきっぱり「そういう概念がない」】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 高校卒業後は東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何
    44キロバイト (5,269 語) - 2019年10月13日 (日) 11:22



    (出典 geitopi.com)


    芸能界引退とも噂ありましたが、大丈夫そうですね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/14(月) 05:32:48.34 ID:2bAw0y1V9.net

    12日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、看護師の婚活パーティと中継。マツコ・デラックスが、婚活する看護師たちを深堀りした。


    ■医療従事一族の姉妹
    婚活パーティには、姉妹で参加する看護師がいた。7人兄妹で、6人が医療従事者であり、もうひとりはドイツで主婦をしているという。7人兄妹の末っ子であるりこさんは、病院内で恋愛をしすぎたので外の世界での恋愛を求めているそう。

    りこさんの希望のタイプは、桑田佳祐が理想。

    「今日は桑田佳祐さん狙いなら絶望的です。桑田佳祐さんを理想にしちゃうと大変だよ。居ないよ、あんな人はなかなか世間に…。(どこに行ったら会えるのかと、問われると)…やっぱり、茅ヶ崎に行くしかないんじゃない」


    本人を探す方向性になっていた。常識的な範囲での理想を深堀りするマツコ。りこさんは「誠実で嘘をつかない人」とタイプを再定義すると、マツコがしんくんをチョイス。

    「好きなタイプを田中みな実って書いてある。これを書くと、疑われるかなって思われそうって思うのよ。それを堂々と書くのはスゴいなって思うの」


    田中みな実の使い方がエゲつないが、これに対して軽い調子でアリガトウゴザイマスと返すしんくん。その態度を見たりこさんが「ちょっとお調子者過ぎる…」と即ごめんなさいへ。


    関連記事:マツコ、サルサ女子の情熱に驚愕 「小学校に導入しよう」

    ■筋肉大好き看護師
    他の看護師を深堀りする展開へ。肩のラインが美しいしおこさんは、サマー・スタイル・アワードに出場するほどのガチ筋トレ好き。そんなしおこさんのために、番組スタッフがゴリマッチョを3人チョイス。医者のしんやさんとせいくん、消防士のゆうすけさん。

    服の上から腹筋を確かめるしおこさんは大興奮。もっとも好みの腹筋は、しんやさんの左右対称な腹筋だという。マツコの一押しはゆうすけさんだったので、驚きながら筋肉論を語る。

    「あたしはナチュラル筋肉派だから、消防士や自衛官の筋肉が好きなのね。あなたは養殖派なのか、あたしら天然派だからさ」


    筋肉に天然や養殖があるのか。実用と観賞用みたいな違いなのだろうか。

    ■秋田から出会い求めて
    最後は秋田から来た看護師のなおこさんの話を聞く場面へ。なおこさんは、秋田で結婚する予定だった男性と2年前に破局。心機一転、上京。「東京来たら出会いがあるかな」と零すと、これにマツコがアドバイス。

    「ないないない。東京のほうが出会いないよ。秋田のほうがよっぽど結婚するのには都合のいい環境が整ってる。東京って、あんまりさみしくない。孤独を感じなくて済む。寂しいと思わないんだよね、東京って。こういう風(アラフォー独身)になるの簡単よ。


    なおこさんは、秋田に戻って幸せな人生を送ってほしいタイプよね。」


    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162179654/
    2019年10月13日 11時30分 しらべぇ


    【【マツコデラックス】婚活女性へアドバイス 「東京は寂しくないから孤独を感じない」】の続きを読む


    2019年9月18日閲覧。 ^ “りんごちゃん 大ブレークの悩み…「フォルムでバレる」” (2019年9月10日). 2019年9月11日閲覧。 ^ a b りんごちゃんりんご食わねえです」キウイのCMイベントで告白中日新聞 2019年9月17日 ^ りんごちゃん、大ブレイクして買ったもの・欲しいものとまさかの“共演NG”な人物
    10キロバイト (1,050 語) - 2019年10月5日 (土) 00:17



    (出典 usagi-syufulife.com)


    すぐ飽きられるのが最近の傾向のようですww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/06(日) 23:48:05.54 ID:k/DNeas89.net

    ブレークタレントのりんごちゃんが10月1日、『#JCB みんなのキャッシュレス』のプレス発表会に出席。「今年の1月にレギュラー番組が決まってから、今まであっという間でした」と、昨今の多忙ぶりを振り返った。

    同イベントに同席した『スピードワゴン』の井戸田潤は「本当にすごいなと思う。僕が出てる朝の情報番組でも見る確率が高い。モノマネだけじゃなく、りんごちゃん自体のキャラクターもある」と絶賛。相方の小沢一敬は「俺らはりんごちゃんみたいにバーンとなったことがない。ずっと低空飛行だから…」と、りんごちゃんのブレークぶりに脱帽していた。

    そんなりんごちゃんにも悩みがあるという。それは、

    「今はネタでワーっと出てるけど、この先が不安なんです。このままずっと出られるわけないって現実的なところがあって…」

    こう不安を吐露するのだった。

    このまま地上波に残るか地方営業で稼ぐか
    確かに、ネット上では、

    《ちょっと飽きてきてしまった。。スターティンも聞きたくないし『今くら』の芸能人物件紹介も毎回同じような感じでつまらない》
    《飽きたね…別ネタないの? しゃべりもヘタだし、ゲストで出ててると申し訳ないけどイライラしちゃう…》
    《ネタがワンパターン もっとバリエーション増やさないと消えるぞ!》
    《ネタを増やすのをお勧めしたいね! 最初見たときは新鮮だったから、こんな声出す?!って衝撃が大きかったけど…》

    など、既に飽きたという声ばかり。りんごちゃんのモノマネはレパートリーが500以上あるといわれているが、披露しているのは武田鉄矢、大友康平、長渕剛、井上陽水くらいのものだ。

    「テレビで飽きられてしまっても、お笑い芸人には地方営業で稼ぐといった手段があります。りんごちゃん同様に過去にテレビで大ブレークした『テツandトモ』は、今やテレビからすっかり消えましたが、営業で大いに稼いでいます。その数は年間約150本。営業のギャラはピンキリですが、1本100万円のものも普通にあるでしょうから、仮に事務所と折半しても相当な額になるはず。テレビに出なくても稼げます」(お笑いライター)

    モノマネタレントならば、地方営業にもお呼びが掛かりやすいといわれているし、既に知名度は全国的に浸透しているりんごちゃんならば、十分に営業で食べていけるはず。ガンバってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2030023/
    2019.10.06 19:01 まいじつ


    【【ものまねタレント・りんごちゃん】早くもピンチ…「もう飽きた」「他のネタは?」の厳しい声w】の続きを読む


    2019年9月18日閲覧。 ^ “りんごちゃん 大ブレークの悩み…「フォルムでバレる」” (2019年9月10日). 2019年9月11日閲覧。 ^ a b りんごちゃんりんご食わねえです」キウイのCMイベントで告白中日新聞 2019年9月17日 ^ りんごちゃん
    10キロバイト (1,041 語) - 2019年9月26日 (木) 10:10



    (出典 one-search.net)


    今年いっぱいは大丈夫でしょうか?w

    1 Egg ★ :2019/09/23(月) 23:06:31.77 ID:+Luse58I9.net

    少しふっくらした見た目に清楚系ファッション。笑顔でおしとやかな受け答え。そこから、

    「ミュージック、スターティン」

     の掛け声とともに音楽が流れた次の瞬間、

    「♪ぅあああ~~いぐわぁ~ すぶぇ~てすわぁ~~」

     突然、大股を広げ、野太い声でハウンドドックの『ff(フォルテシモ)』を熱唱する。ほかにも、武田鉄矢や吉幾三などを歌いこなし、見た目と低音ボイスとのギャップがウケ、ブレイク中のモノマネタレント・りんごちゃん。

    『2周目』でどう生き残るか

    「大きく注目を集めたのは、今年のはじめに出演したバラエティー番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)でこの芸を披露したのが最初だと思いますが、そこから一気に人気が広がって、今年イチ、ブレイクした芸人のひとりになりましたね」

     と、あるテレビ誌記者は言う。

    「見た目の愛嬌(あいきょう)あるかわいらしさが、ゆるキャラ的な魅力があり好感度を集めています。その魅力が強ければ強いほど、歌声とのギャップが面白い」(同)

     現在、各バラエティーに引っ張りだこ状態であるが、この人気はどこまで続くだろうか。あるテレビ局関係者は言う。

    「今は、よくいう『1周目』の状態で、いろいろな番組に呼ばれているわけです。好感度も高く、共演者たちも一度見てみたい、という気持ちが強い。でも、問題はその先なんです。

     いってみれば、今のりんごちゃんは見た目と歌声のギャップという、『出オチ』的なものですからね。そして、モノマネのバリエーションも、それほど豊富ではなさそうです。今の状態のままだと、飽きられるのも早い気はします」

     ギャップだけの笑いは、見慣れてしまうと人気の持続は難しいのがテレビの世界。では、りんごちゃんの場合、『2周目』以降のキャラはどうしたらいいのだろうか。

    「この先、どの方向で売っていくかですよね。もともと『ガヤ芸人』として出てきたように、ひな壇系で活躍していくのか。または、はるな愛さんのような、しゃべれるオネエ系のタレントとしていくのか。いずれにせよ、それにはトーク力やリアクション力が必要となります。

     りんごちゃんの場合は、オチを活*ためという理由があると思うのですが、今のところ“おとなし目の受け答え”をするキャラとなっているので、ひな壇で立ち上がってガヤをするようなタイプではありません。

     MCに指名されて芸を披露するタイプですから、『2周目』以降で活躍するためには、やはりこれまでと違うモノマネのバリエーションを作るか、トーク力を上げていくかがカギとなってくるのではないでしょうか」

     モノマネタレントとしての可能性についてもこう見る。

    「武田鉄矢さんや大友康平さんなどのモノマネは、比較的やりやすい芸なんです。りんごちゃんは持ち歌を歌っているだけで、今、流行りの細かなところを突いてくるモノマネではないため、やはり立場は弱い。とはいえ、ギャップで笑いをとるというのは、大きな発明だと思うので、普通のトークのときなどに地声(野太い声)で受け答えしするとか、歌以外でもギャップを出せるといいかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)

     秋の特番から年末年始にかけて、ますます引っ張りだこになる予感はある。2019年の象徴になることは間違いなさそうだけど、「りんごの食べごろ」はどこまで続くだろうか。

    9/23(月) 21:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00016120-jprime-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ものまねタレント・りんごちゃん】人気はいつまで続く? 秋の特番から年末年始にかけて、ますます引っ張りだこになる予感..】の続きを読む


    マツコ・デラックス「病の危険」引退マジ説も「ストレス×暴食」がヤバすぎる | GJ - Business Journal
    ついに芸能界から消える? マツコ・デラックスの「芸能界引退」を本気で考えていると「東京スポーツ」が報じている。「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表の攻...
    (出典:Business Journal)


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 高校卒業後は東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事を
    41キロバイト (5,007 語) - 2019年9月16日 (月) 12:44



    (出典 asagei.biz)


    マツコさん引退は考えられないですね。

    1 Egg ★ :2019/09/25(水) 12:16:15.88 ID:uOXIVrBZ9.net

    人気タレントとしてテレビでその姿を見ない日はないというほど、相変わらずの売れっ子ぶりのマツコ・デラックスに、超ド級の仰天情報が浮上した。なんと、本気で芸能界引退を考えているというのだ。きっかけはマツコの毒舌を鈍らせることになってしまった「NHKから国民を守る党」(N国党)とのあのバトルだが、原因はほかにもあるようで――。

    【写真】美人彼女と手をつなぎ靖国神社を参拝する立花孝志議員

    「なんでも最近は、1人でテレビを見られないそうなんです。万が一、ザッピングをしてN国党党首の立花孝志議員の顔を見てしまうと、パニック状態に陥ってしまうからだそうです。顔を見るのも嫌だ、っていう気持ちは分からなくはないですが…」(ある制作会社の関係者)

     だが、マツコが落ち込んでいるのはN国党とのバトルだけではない。最近、マツコ人気に明らかにカゲリが見え始めていることも原因だという。

    「以前はマツコに対しSNSなどでバッシングが起きることはまずあり得なかった。風向きが変わったのは、週刊文春が掲載した元SMAPの稲垣吾郎に対する発言から。『だってテレビは使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけ…。SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。SMAPにいたからこそチヤホヤされていた』などと言いたい放題、毒舌をぶっ放したんです。それがどうやら引き金になったみたい」(テレビ関係者)

     この発言により、当然マツコは元SMAPファンから猛バッシングを受けることになったのは記憶に新しい。
    「マツコは、文春の報道は『歪曲された』ものだと主張したけれど、もう後の祭りです。あの一件以来、明らかにミソがついてしまったことは間違いないでしょう」(同テレビ関係者)

     さらに、その悪い流れはマツコ最大の稼ぎ場といえるCMにも影響を及ぼしそうだ。

    「マツコのCMのギャラは1本最低2000万円からといわれています。現在、ナショナルクライアントが10社以上もあるので、CMだけで年収は軽く2億円は超えている計算です。ところが、最近マツコがMCの番組視聴率が軒並み下がっているんですよ。クライアントは視聴率に敏感です。イメージも悪化しているとなれば、減ってくるのは当然でしょう。来年の今ごろには半減どころか最悪3分の1になっているかもしれません」(芸能プロ関係者)

     自身の番組の視聴率が下がり、CMクライアントからの求心力も低下すればメディア露出もどんどん少なくなっていく。いわば、“マツコ全盛時代”が終わりを迎えているというわけだ。

     こんな状況を察したマツコは、いよいよ引退を考えているという。

    「確かにN国党との一件以来、得意の毒舌にキレがなくなった。自信がなくなっているんでしょう。最近は貯金でアパートを購入して、余生は海の見えるマンションで1人で果てたい、なんて弱音を吐いているようです。まあ、親友の有働由美子がそのたびにカツを入れて励ましているようですが…」(事情通)

     元SMAPの3人は、このところテレビ出演の機会が増えている。公正取引委員会が、3人を出演させないようにテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとしてジャニーズ事務所を注意した影響が出ていることは明白だ。そうなると、マツコの発言を思い出すファンも少なくないはずで、この逆風は当分続くことになるだろう。

     果たしてマツコはタレントとして再び復活することができるのか? それとも本当に引退してしまうのか。

    9/25(水) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000005-tospoweb-ent


    【【マツコデラックス】「引退準備」の仰天情報 “元スマ叩き”から悪い流れに】の続きを読む

    このページのトップヘ