『バナナマン設楽 松本人志の行動力がすごい』


1994年2月に「設楽日村」の名でラ・ママ新人コント大会でデビューし、春に「バナナマン」と改名してOFF・OFFシアターで初単独ライブ『処女』を開催する。のちに、「外見は黄色い「黄色人種」だが、一皮剝けば白色の「白人」のごとく振る舞う日本人」を聴き覚えていた設楽の提案で、コンビ名を「バナナ」とした。 1999年にラフォーレミュージアム原宿でYOUとのユニット「FULL
84キロバイト (11,222 語) - 2019年7月21日 (日) 02:03



こんな先輩がいたら頼りになりますよね。

no title 【『バナナマン設楽 松本人志の行動力がすごい』】の続きを読む