芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    タグ:優勝


    大坂 なおみ(おおさか なおみ、英: Naomi Osaka、1997年〈平成9年〉10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス1位。これまでにWTAツアーでシングルス5勝を挙げている。身長182cm。体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
    120キロバイト (8,737 語) - 2020年9月12日 (土) 22:49



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    おめでとうご

    1 ばーど ★ :2020/09/13(日) 07:12:15.22 ID:CAP_USER9.net

    全米オープンテニス女子シングルス 大坂なおみが優勝 2度目の制覇
    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1304905321404444672
    (deleted an unsolicited ad)


    【【テニス】全米オープンテニス女子シングルス 大坂なおみが優勝 2度目の制覇】の続きを読む


    コウテイは、吉本興業所属のお笑いコンビ。大阪NSC35期。 下田真生(しもた まさき、 (1993-05-15) 1993年5月15日(27歳) - )ボケ担当。立ち位置は向かって左。 重力に逆らうように全ての髪を立ち上げている。身長164cm、血液型B型。苗字の読みは「しもだ」ではなく「しもた」である。
    13キロバイト (1,745 語) - 2020年7月12日 (日) 09:12



    (出典 dogatch.jp)


    おめでとうご

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/12(日) 17:57:49.28 ID:8olApXWH9.net

    2020.7.12 17:40

     芸歴10年目以下の芸人で争われる「第41回ABCお笑いグランプリ」決勝が12日、大阪市福島区のABCテレビで行われ、結成8年目のコウテイが優勝した。

     12組が3ブロックに分かれて行われた予選をコウテイは漫才で突破。オズワルド、フタリシズカと挑んだ2本目ではコントで爆笑をもぎ取り、栄冠を手にした。

     優勝が決まった瞬間、2人は号泣&絶叫。九条ジョー(26)は「MKです。めっちゃ気持ちいい」と声を詰まらせれば、下田真生(27)は優勝賞金100万円の小切手を手にして「これーーー! やったぁ!」と喜びを爆発させた。

     今年は480組の中から新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客の動画配信などで予選を実施。

     当日のスタジオも観客を約40人に制限し、同局横のABCホールでパブリックビューイングを行って約60人が観覧した。

    https://www.sanspo.com/geino/news/20200712/owa20071217400009-n1.html


    【【お笑い】ABCお笑いグランプリ、結成8年目のコウテイが優勝】の続きを読む


    2016年11月場所の関取70人の内、四股名「徳勝龍」の42画は阿夢露と並んで1位の画数である(出典の記事中では正式な表記の「德」ではなく新字体の「」を用いているため。厳密には43画で単独1位)。最初は1つ1つ書くのに時間がかかり、これについて德勝龍は「取組が終わって帰るときに求められると大変で
    23キロバイト (3,641 語) - 2020年1月27日 (月) 09:27



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    おめでとうございます!

    1 ばーど ★ :2020/01/27(月) 08:38:45 ID:674U+Lak9.net

     記録ずくめの初優勝で一躍、時の人となった大相撲の徳勝龍(木瀬)。史上初、1世紀ぶりという記録が並ぶ中、ファンの心に強く刺さったのは、笑いと涙が溢れた優勝インタビューだったかもしれない。徳勝龍本人もさることながら、インタビュワーを務めたNHK小林陽広アナと、絶妙な会話の“パス回し”には、元横綱から著名な好角家、さらには視聴者からも絶賛の声が相次いだ。

     表彰式で行われた優勝力士インタビューに、中継していたAbemaTVの視聴者コメントを交えるとこんな様子だ。

     冒頭に小林アナから祝福されると、徳勝龍は四方に向かって順番に頭を下げた。早くもここから「律儀な男」「全方面w」「礼儀正しい」と、早々に好感度グラフが急上昇。名インタビューを予感されるものとなった。そして最初の質問と答えで、一気に館内が盛り上がる。

    ―改めて国技館の四方を見渡しました。この光景、どう見えていますか。

     自分なんかが優勝していいんでしょうか(笑)

     「すごくいい景色です」「最高です」あたりが、真っ先に予想される言葉だったが、立ち合いからこのコメント力。誇るどころか恐縮したことで、「いいんだよ」「かわいい」「人柄出るね」「好感度爆上げ」と、ファンの心に完全に火がついた。

     次なるパワーワードが出たのも、定番の質問から。優勝を意識したかどうか。徳勝龍の選んだ“技”はこれだ。

     意識することなく…うそです。めっちゃ意識してました(笑)

     これまでの力士像なら、徳勝龍が最初に言いかけた「意識することなく」という出だしから、「目の前に一番に集中して」に続くのが王道パターン。ところが、まさかの「うそです」と来たものだから、盛り上がらないはずもない。「うそついたw」「正直w」と、もうコメントの数は増え続けるばかりだ。

     ここまで徳勝龍の優れたコメント力が光ったが、ここで小林アナも変化を加えてきた。「(優勝争いの)先頭に立っても意識しないと言われていましたが、うそだったんですか」と、質問の中にもインタビューではめったに出てこない「うそ」という言葉を重ねたのだ。そして、この切り返しパスで出てきたコメントがこれだ。

     ばりばりインタビューの練習をしてました(笑)

     意識しないと言いかけたところから、大きく逆サイドに展開し、そしてまさかのインタビューの練習。そんなことを本番で言う力士もいなければ、そもそも練習をした力士が過去にいたかもわからない。それほどに強烈な決まり手が炸裂した。視聴者も「ファンが増えるよ」「なんか新鮮なインタビュー」「こんなほのぼのしたインタビュー初めて見た」と絶賛した。

     ここまでなら「初優勝&爆笑インタビュー」でニュースのタイトルになるところだが、ここで一気に“転調”する。このやりとりからだ。

    ―(優勝を決めた一番で)危ないと思った瞬間、後押ししてくれたものはなんでしたか。

     場所中に、恩師の近畿大学の伊東監督が亡くなって…(涙)監督が見てくれてたんじゃなくて、一緒に土俵で戦ってくれたような、そんな気がします。

     場所中に突如として訪れた恩師の死。徳勝龍の「勝」は、亡くなった伊東勝人さんの「勝」だ。3文字の四股名のど真ん中で支えてくれた恩師について、どこかでは質問が出る。名前を出さずとも、苦しい場面での「後押し」と聞けば、本人も自然と口から出てくるというものだ。視聴者の反応は「ここ泣くわ」「もらい泣き」「一転涙ぐむ」「アナウンサー泣かせたな」というもの。返り入幕、33歳のベテランという徳勝龍の状況も重なり、ここでグッと締まった。

     この優勝インタビューを聞いていたAbemaTVで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上は「かわいらしいですね」とにっこり。ゲスト出演していた高須クリニック・高須克弥院長も「インタビュー最高でしたね。気の利いたことを言いますね」とべた褒めだった。多くを語らず、土俵で全力を尽くすのが相撲道、力士像と長年語られてきたが、この日のインタビューは新時代到来を予感させるようなものだった。
    (AbemaTV/大相撲チャンネルより)

    2020年1月27日 7時30分
    AbemaTIMES
    https://news.livedoor.com/article/detail/17723110/

    (出典 image.news.livedoor.com)



    【大相撲】平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1580033751/


    【【相撲・徳勝龍】平幕の徳勝龍が初優勝!】の続きを読む


    ミルクボーイは、吉本興業大阪本部に所属するお笑いコンビ。2007年7月結成。baseよしもと→5upよしもとに出演していたが、2014年2月に卒業。大阪市天王寺区住みます芸人。2019年M-1グランプリ決勝初出場にして史上最高得点を記録し、令和初のM-1王者となった。 駒場 孝(こまば たかし (1986-02-05)
    8キロバイト (1,057 語) - 2019年12月22日 (日) 13:34



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    確かにおもしろかったです!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/12/22(日) 20:57:07.89 ID:qmCWTG0c9.net

    2019-12-22 20:49

     “令和”初の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』(ABC・テレビ朝日系)が22日に生放送され、初出場コンビ・ミルクボーイが過去最高となる681点を記録した。

     採点の内訳は次の通り。オール巨人「97点」、ナイツ塙「99点」、立川志らく「97点」、サンド富澤「97点」、中川家・礼二「96点」、松本人志「97点」、上沼恵美子「98点」。

     ファイナルはインディアンス、ミルクボーイ、オズワルド、見取り図、かまいたち、ぺこぱ、からし蓮根、ニューヨーク、すゑひろがりず、敗者復活戦から勝ち上がった和牛の10組が出場。ネタ披露の順番が「笑神籤(えみくじ)」による抽選で直前まで決まらないシステムが今年も採用され、出場者たちは常に舞台裏で待機。トップバッターはニューヨークが務めた。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.oricon.co.jp/news/2151687/full/

    (最終更新:2019-12-22 20:54)


    【【芸人・ミルクボーイ】 『M-1グランプリ』過去最高点を記録!初出場コンビが快挙!】の続きを読む


    鈴木 雄介(すずき ゆうすけ 1988年1月2日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は競歩。主な実績に、2012年ロンドンオリンピック日本代表、2011年世界陸上大邸大会8位入賞、2014年仁川アジア競技大会銀メダリストなど(種目は全て20Km競歩)。 2019年現時点で、男子20km競歩の世界記
    14キロバイト (1,740 語) - 2019年8月10日 (土) 07:40



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    東京五輪代表に内定したみたいですね!

    【【競歩・鈴木雄介】世界選手権男子50km競歩で優勝!陸上世界選手権での優勝は日本人5人目の快挙!】の続きを読む

    このページのトップヘ