内田 眞由美(うちだ まゆみ、1993年12月27日 - )は、日本のタレント、実業家であり、女性アイドルグループAKB48チームBの元メンバーである。 東京都八王子市出身。ラナビオン所属。 2007年 『AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション』に合格。 2009年 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート
31キロバイト (3,830 語) - 2019年10月17日 (木) 23:12



(出典 sarattosokuhou.com)


壮絶な人生ですねw

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/30(土) 07:58:25 ID:+YX6Qacv9.net

元AKB48の内田眞由美(25)が29日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演。アイドルを卒業し、焼き肉店の経営者として奮闘する近況を公開した。

内田は2007年、13歳の時にAKB48に5期生として加入。しばらく人気が出ずに鳴かず飛ばずの状態だったが、
「ヘビーローテーション」が大ヒットした2010年、当時のAKBグループ全51人が出場した
「AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会」で優勝し、19枚目のシングル「チャンスの順番」でセンターを務めた。

しかし、16歳でこのセンターポジションを手にしたことが、アイドル人生を狂わせた。
AKBのファンから「あんなブサイクがセンターって違和感」「しょせん運だけのまぐれセンター」といった誹謗(ひぼう)中傷をSNSなどで浴びせられ、
自宅で家族と口もきかなくなるほどの、つらい日々が続いた。

さらに決定的だったのは2011年に出演したAKBのコント番組。
メンバーたちがそれぞれ楽しそうな役を演じるなかで内田だけ、まったくセリフのない「岩」の役だった。
この屈辱に「もうアイドルとしては輝くことができないんだな」と感じ、17歳で引退を決意したという。

そして5年前、20歳のときに銀行から5000万円を借りて東京・新大久保に焼き肉店をオープン。
「あの悔しさをバネにしたい」と店名を「焼肉IWA」として看板を掲げた。
両親が八王子市で精肉店と焼き肉店を経営しているため、材料は実家から仕入れ、名物メニューも「岩カルビ」と名付けた。
アルバイト店員はAKBの元メンバーも多く、「アイドルに会える店」としても評判になって連日満席の盛況。借金を返済しながら内田は奮闘中だ。

https://news.livedoor.com/article/detail/17455706/
2019年11月29日 20時14分 スポーツ報知


(出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



(出典 Youtube)

爆報!THE フライデー 2019年11月29日【世紀の謝罪会見SP…元AKBが5000万の借金】字


(出典 tblg.k-img.com)


(出典 tblg.k-img.com)


(出典 tblg.k-img.com)


(出典 tenmusu.biz)


(出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


(出典 linoo7.com)


(出典 geitopi.com)


【【元AKB48・内田眞由美】「まぐれセンター」中傷と「岩」の役で引退決意…「焼肉IWA」開業で借金5000万円】の続きを読む