芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    タグ:女優


    橋本 マナミ(はしもと マナミ、1984年8月8日 - )は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。本名・細川 愛実(ほそかわ まなみ)。旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(はしもとまなみ)。 アービング所属(ハーモニープロモーション業務提携)。 大人びたセクシーさを売りにし「平成の団地妻」「愛人にしたい女No
    44キロバイト (6,209 語) - 2019年11月27日 (水) 05:23



    (出典 www.jiji.com)


    おめでとうございます!

    1 湛然 ★ :2019/11/27(水) 04:33:29.10 ID:hUTnD2O49.net

    11/27(水) 4:00 スポニチアネックス
    橋本マナミ 1歳年下の勤務医と結婚 さびしんぼの会から交際2年弱
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000002-spnannex-ent

    年下医師との結婚が明らかになった橋本マナミ

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     タレントの橋本マナミ(35)が結婚することが26日、分かった。お相手は1歳年下の勤務医で、27日に婚姻届を提出する。2年弱の交際を経てゴールイン。これまで一度も報じられることなく、静かに愛を育んできた。異例の内容を含めたグラビアOKなどの“婚前契約”が後押し。「平成の団地妻」「国民的愛人」から「令和の人妻」へ転身する。

     スポニチ本紙の取材では、出会いは2年前のクリスマス。橋本が毎年、高校の同級生の独身男女数人に呼び掛けて開催し、仲間内では通称“さびしんぼの会”と呼ぶ同窓会的イベントだった。この年のメンバーは10人ほどで、芸能人は橋本一人。橋本の友人に連れられて男性は初めて参加したという。

     「2人は出会ってすぐに意識し合ったようです」と出席者。男性は皆が騒いでいてもはしゃぐことなく、静かにほほ笑んでいたといい「そんな様子をマナミはいいなと感じたみたい」という。

     2003年発売の「桜」が44万枚のヒットを記録した歌手河口恭吾(45)に似ているそうで、友人は「河口さんをより文化系男子にした感じ」としている。別の知人は「彼女は実はおっとりして“結婚相手は学者のような人が理想”と言っていたからドンピシャ。年下だけど、落ち着いていて知的で頼りがいがある」と語る。一方でお相手の男性についても「橋本さんの親しみやすくて飾らない素顔にひかれたようです」と話している。

     交際を開始したときから結婚を意識。男性は最初のデートで「結婚を前提に交際したい」と伝えていた。周囲は「病院勤めのお医者さんで激務をこなす中でも彼女との時間を大切にし、距離を縮めていた」とする。そして、お互いの両親にあいさつを済ませた2人がしていたのが“婚前契約”。「ブレークするまでの16年、彼女が長い下積みで努力してきたことを彼が理解し、仕事を全面的に認めているからこその契約」で、(1)女優OK(2)グラビアOK(3)朝の見送りなし――の3カ条だ。

     友人は「ベッドシーンだってある女優業も、セクシーショットが求められるグラビアも、その作品に必要であればやると思います。朝の見送りは勤務医という職業柄、早く家を出ることもある。彼女の健康と美容を考えて睡眠を取ってほしいと考えたのでしょう」と語る。橋本も栄養を考えた手料理で男性をサポートすることを決めているという。

     プロポーズは昨年の橋本の誕生日だった8月8日。ストレートな求婚にすぐにOKしたようだ。挙式は親族のみで披露宴はなしの予定という。橋本は「特技のセクシーはもちろん、普通のお母さんも演じてみたい」と周囲に話している。充実したプライベートを得て、幅広い顔を持つ令和の人妻像をつくっていきそうだ。

     ◆橋本 マナミ(はしもと・まなみ)1984年(昭59)8月8日生まれ、山形県出身の35歳。97年、全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し芸能界入り。品のある端正な顔立ちと、豊満ボディーを生かした独特の色香で「平成の団地妻」「国民的愛人」としてブレーク。16年NHK大河ドラマ「真田丸」、18年のNHK連続テレビ小説「まんぷく」、映画「光」(17年)、「マスカレード・ホテル」(19年)など多数作品に出演。1メートル68、B86・W60・H88。血液型AB。

     《令和婚ラッシュ “元年”に人生の区切り》令和元年の今年は有名人の結婚も多い。南海キャンディーズの山里亮太(42)と女優の蒼井優(34)など大物カップルも多く、人生の区切りとして元年の結婚を選んでいるようだ。特に「いい夫婦の日」の11月22日は大安で結婚ラッシュ。芸能人のお相手が介護職、看護師、医師など医療系の職業も目立つ。

    (おわり)


    【【橋本マナミ】1歳年下の勤務医と結婚!さびしんぼの会から交際2年弱】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    96キロバイト (12,267 語) - 2019年10月29日 (火) 15:01



    (出典 www.musicvoice.jp)


    綺麗になりましたね!

    1 湛然 ★ :2019/10/30(水) 07:10:49.67 ID:sKMb2h0z9.net

    のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に
    10/29(火) 19:31クランクイン!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00070338-crankinn-movi

    のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に
    第32回東京国際映画祭レッドカーペット 白のシースルードレスで観客を魅了したのん

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     「のん、きれいになっていないか?」

     28日に催された第32回東京国際映画祭のレッドカーペットイベントで、美男美女を撮り慣れた百戦錬磨の芸能カメラマンたちからそんな声が漏れた。会場内で「のーん!」と興奮気味に叫ぶ声もこだました。

     芸能人の中には時に、写真や映像の枠で収まりきらずに「実物のほうがきれい、カッコいい」と評される美男美女が少なくない。この日、のんがそうだったのではないだろうか。

     連続テレビ小説で人気を博したり、週刊漫画雑誌でトリッキーなグラビアを披露したりした頃の元気さ、自由奔放さが影をひそめ、すっかり大人の女性の雰囲気を身にまとっていた。見た目にも、子どもらしい丸みが抜けて正統派美女の顔つき、スタイルに変ぼうを遂げていた。

     のんは今回、劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(12月20日公開)の主演声優として片渕須直監督、真木太郎プロデューサーとレッドカーペットを闊歩(かっぽ)した。きらびやかな映画女優たちに負けず劣らず、オーラをほどばしらせていた。
      
     現在26歳。のんは女優として今、月9ドラマ『やまとなでしこ』(2000年放送、フジテレビ系)で松嶋菜々子演じる神野桜子が「27歳を売り時のピークに計算していた」なんて語っていた旬の時期にさしかかろうとしている。

     輝きを放つ彼女の美ぼうと、演じることに飢えた女優魂を映像作品でもっと見てみたい。図らずも、レッドカーペットのカメラマン席の片隅でそう考えた次第である。(文・写真:桜井恒ニ)

    (おわり)


    関連
    【TIFF】のん、パールホワイトのドレスコーデでレッドカーペットに登場!「『この世界の片隅に』は大切な作品」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572258226/


    【【女優・のん】報道陣ざわつく美貌 幼さ消えて大人の女性に】の続きを読む


    高畑 充希(たかはた みつき、1991年12月14日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。歌手活動は一部の参加作品を除き、みつきまたは「高畑充希」名義。 大阪府東大阪市出身。所属事務所はホリプロ。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。法政大学キャリアデザイン学部卒業。
    92キロバイト (11,801 語) - 2019年10月16日 (水) 09:52



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    日々大変ですね!

    1 ひかり ★ :2019/10/21(月) 23:43:51.20 ID:4npzO+Iz9.net

     女優の高畑充希さんが10月21日に発売された月刊美容誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)12月号の表紙を飾った。同号は通常版と増刊があり、
    高畑さんは通常版の表紙では、透け感のある黒の装いに、リップがポイントになった華やかなメーク。増刊では、レモンイエローの衣装でサイドの髪を
    顔周りに下ろした姿を見せている。

     高畑さんは同号の誌面にも登場。インタビューでは「私は“正統派女優”というタイプではないと思っています」と思いを明かしつつ、
    「でも最近は王道ではない、己の道を行くような女優がいてもいいのかなって思えるようになってきました」と心境に変化があったことを赤裸々に告白。
    さらに日ごろの美容法について「基本はゆるめ。あまり根を詰めずにやるのが、私流です」と話し、この秋冬に挑戦したいメークなどについても
    語っている。

     このほか、同号には安達祐実さんや人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」も登場する。通常版はヘアメーキャップアーティストの
    中山友恵さんが監修した「テク上げメイクブラシセット」と化粧品ブランド「カバーマーク」のクレンジングが付き、690円。
    増刊は「ふくらはぎシェイパー」が付き、650円。

    毎日キレイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000011-maikirei-ent

    (出典 image.i-voce.jp)


    (出典 image.i-voce.jp)


    (出典 image.i-voce.jp)


    (出典 image.i-voce.jp)


    【【女優・高畑充希】「私は“正統派女優”というタイプではない」主演女優としての葛藤を吐露】の続きを読む


    ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県川崎市出身。亜細亜大学経営学部卒業。サンミュージックプロダクション所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディショ
    38キロバイト (3,822 語) - 2019年10月9日 (水) 05:30



    (出典 www.j-cast.com)


    そろそろいいんじゃないですか?w

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/14(Mon) 02:35:08 ID:2bAw0y1V9.net

    ベッキーの女優志向が高まっている。12月スタートの連続ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』(フジテレビ系)に、ヒロイン役として出演する。
    この作品は、実力はあるが金にがめつい悪徳弁護士を要潤が演じ、ベッキーはその事務所のスタッフを演じる。

    ベッキーは今年1月に巨人の片岡治大コーチと入籍したが、その後も芸能活動を継続している。
    かつて頻繁に出演していたバラエティ番組よりも、女優としての活躍が目立ち、今年放送のドラマでは『これは経費で落ちません! 』(NHK)に出演したほか、
    映画では三池崇史監督の『初恋』(公開は2020年2月)に出演し、今年のカンヌ国際映画祭でも公開された。
    9月には絵画の個展も開催し、女優のほかアーティスト活動にも力を入れている。

    だが、これに対し、ネット上では「バラエティは出づらいからって女優ってのはどうなの」「なんか、ミソギが済んだ感じになっているのがイヤ」
    「ドラマは好きだけど、ベッキー嫌いだから、出ないで欲しい」といった非難が殺到している。やはり、ベッキーアレルギーを持つ人間が多いようだ。
    さらには、「いっそのこと、嫌われる女とか悪役とか演じてほしいわ」といった声も聞かれた。

    ベッキーは人気絶頂だった2016年1月に、当時は既婚者だったゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫を『週刊文春』(文藝春秋)にスクープされ、
    バラエティ番組の第一線から姿を消した。出演していた『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)や『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)などは休演中という扱いであり、
    現在に至るまで復帰は実現していない。そのため、ネット上では「バラエティ降板をはっきりさせずに、ドラマに出るのは中途半端」「もうバラエティに戻って来ないで」といった声も聞かれた。
    さらに最近では、不倫相手だった川谷もテレビ出演を増やしており、「なんか、全部無かったことになってるのもイヤ」といった指摘もある。

    ベッキーはなぜ許されないのかと言えば、もともと清純派で売っていたタレントが不倫をしていたというギャップの大きさがある。
    さらに、不倫発覚後に相手とのLINEで「ごまかし」を行ったことで、テレビで見せていた明るく元気な姿に対し、実は腹黒い女といった悪印象が重ねて定着してしまった。

    片岡コーチとの結婚後は芸能界引退説もささやかれたが、活動を継続していることに「引退して夫を支えたらどうなの」
    「なんか、ワガママなイメージしか無い」といった、悪い方向に解釈する声も多い。
    一度不倫イメージがついてしまった女性芸能人が許されたケースはないと言えるだけに、ベッキーの今後にも暗雲が立ち込めていそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17227977/
    2019年10月13日 20時0分 リアルライブ


    【【ベッキー】本格女優志向に厳しい声、いまだに許されない理由とは?】の続きを読む


    中島 ひろ子(なかじま ひろこ、1971年2月10日 - )は、日本の女優。 東京都出身。エム・アール所属。甥はプロサッカー選手の前田尚輝。 17歳の時に『オルゴール』(1989年公開)でデビュー。 1990年公開の『櫻の園』に主演して第14回日本アカデミー賞新人俳優賞など各映画賞を受賞し、脚光を浴
    22キロバイト (2,456 語) - 2019年8月25日 (日) 11:44



    (出典 image.walkerplus.com)


    さすがですw

    1 フォーエバー ★ :2019/10/10(木) 08:50:37.19 ID:GQChSY8y9.net

    5歳下の恋人がいることをサンケイスポーツに告白した中島。幸せオーラがあふれていた=東京・大手町(撮影・塩浦孝明)

     女優、中島ひろ子(48)が5歳下の一般男性と真剣交際していることが9日、分かった。29年ぶりとなる主演映画「いつかのふたり」(長尾元監督、12日公開)のPRで東京・大手町のサンスポ編集局を訪れ、新たなパートナーの存在を初告白した。同作ではシングルマザー役を好演。デビュー30周年の節目で公私ともに充実の時を迎え、「母親役が多かったけど、恋愛する役をやりたいな」と熟した演技で活躍の場を広げる。

     数々のドラマや映画で存在感を放ってきた名バイプレーヤーが、公私で“転機”を迎えた。

     デビュー30周年の節目に久々の主演作が完成。中島は「再スタートの記念作になりました」と声を弾ませた。

     同作は、レザークラフトを通して母と娘の絆をコミカルに描く物語で、中島は子離れできないシングルマザー・麻子役。ひょうきんな一面など自身の“素顔”を見せており、「今までは怖いとか濃すぎる母親役が多かったけど、今回はごく普通のお母さん。40代の女性として、等身大の姿を出せたかな」とほほえむ。

     主演映画は1990年に公開され、日本アカデミー賞新人賞に輝いた「櫻の園」以来。大役に感謝しつつも「作品はみんなのものですから」と謙虚だ。

     昨年はバラエティー番組でも“素顔”をさらけ出して話題になった。2012年に離婚していたことを大胆告白。その明るいキャラクターは同世代から支持を集めた。中島は「20代、30代は女優として仮面をかぶっていたけど、もうそういうことを言ってもいいお年頃。いつでもどこからでもつついて!」と豪快に笑う。

     早速、新たな恋バナを聞くと「いるっちゃいるけど(笑)」とおちゃめに告白。お相手は自身と同じくバツイチの5歳下の会社員で交際期間は5、6年になるという。

     運命の出会いは東京都内のカフェ。列に気づかず割り込んでしまった際に、「いいですよ」と快く許してくれた男性で、「男の人もこんなにいい笑顔をするんだと思った」と一目ぼれしたという。中島は一緒にいた自身の友人の名刺に連絡先を書いて渡し、その大胆な“逆ナン”が成功。男性は中島が女優と分かっていただけに、「マネジャーとしてスカウトされたのかと思ったそうです」と苦笑した。

     公私で順調な中島は、「20歳から乳飲み子を抱えたお母さんを演じていたので、恋する役をやりたい。キャピキャピしてみたい!」と笑顔。今度は大人の恋愛をリアルに演じてくれそうだ。

    10/10(木) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000016-sanspo-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【【中島ひろ子】真剣交際をサンスポに激白!5歳下男性に一目惚れ!】の続きを読む

    このページのトップヘ