芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    タグ:桃田賢斗


    桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 - )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表。香川県三豊郡三野町(現:三豊市)出身。2013年よりNTT東日本所属。左利き。 BWF世界ランキング最高位は1位(2018年9月27日)。2014年トマス杯(団体世界選手権)金メダリスト。201
    41キロバイト (3,498 語) - 2020年1月13日 (月) 07:24



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    命に別条がなくてよかったですが、オリンピックは大丈夫なんでしょうか?

    1 ニライカナイφ ★ :2020/01/13(月) 18:26:46.35 ID:oeHhxQ2m9.net

    マレーシアの首都クアラルンプール近郊で13日、バドミントンの男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)らを乗せたワゴン車が大型トラックと衝突し、ワゴン車の運転手が死亡、桃田らが負傷した。
    日本バドミントン協会に入った連絡によると、桃田は病院で手当てを受けている。

    命に別条はないが、けがの程度について「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」と発表した。
    同協会は、14日開幕のインドネシアマスターズ2020について、桃田は下肢の炎症のためエントリーキャンセルしたと発表した。

    現地報道などによると、13日午前5時ごろ、桃田とコーチの平山優さん、トレーナーの森本哲史さんを乗せたワゴン車が高速道路を移動中に事故が発生。
    平山さんと森本さんも負傷した。協会が確認した同乗者は、日本人3人のほか、大会技術スタッフと運転手の計5人だった。

    コーチの平山さんは「右脛裂傷 歯の損傷 全身打撲」、トレーナーの森本さんは「右前腕骨折 脳震盪 全身打撲」と診断された。
    桃田は五輪イヤーの国際大会初戦となった、クアラルンプールでのマレーシア・マスターズでは、12日の男子シングルス決勝でビクトル・アクセルセン(デンマーク)を2―0で下し、優勝で飾っていた。
    昨年は世界選手権2連覇を達成するなど、国際大会で史上最多の11勝を挙げ、東京五輪では男子シングルス初の金メダルが期待されている。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000194-spnannex-spo

    ■ 関連スレ
    【速報】バドミントンの桃田賢斗選手、マレーシアでタンクローリーと衝突 鼻の骨折と唇を縫うけが 運転手は死亡
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578891811/
    【骨折は確認されていない】バドミントン桃田賢斗、全身打撲・顔にも裂傷 協会発表 1月13日 15時37分
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578899562/


    【【バトミントン・桃田賢斗】マレーシアでトラックと衝突の交通事故!】の続きを読む


    桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 - )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表。香川県三豊郡三野町(現:三豊市)出身。2013年よりNTT東日本所属。 BWF世界ランキング最高位は1位(2018年9月27日)。2014年トマス杯(団体世界選手権)金メダリスト。男子シングルス
    34キロバイト (2,830 語) - 2019年8月25日 (日) 13:46



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    すごいですね!オリンピックでもメダルに期待できますね!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/25(日) 22:57:27.41 ID:z3h+1sqw9.net

     【バドミントン世界選手権 男子シングルス決勝 ( 2019年8月25日 スイス・バーゼル )】 バドミントン世界選手権は25日、男子シングルス決勝が行われ、世界ランキング1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)が、同9位のアンダース・アントンセン(22=デンマーク)を21-9、21-3の2-0で下し、日本勢男子初の大会連覇を果たした。大会連覇は世界でも史上4人目の快挙。この日行われた女子ダブルス決勝戦で永原和可那(23)、松本麻佑(24)組(北都銀行)が全種目を通じ日本勢初となる連覇を達成したばかり。快挙に続く快挙で五輪前哨戦を最高の形で終えた。

     桃田はこの試合まで全5試合を1ゲームも落とさず決勝戦へ。省エネで勝ち進み「全部2―0で勝つくらいの勢いを持ってコートに入れたら」と語っていた。アントンセンとは過去3勝1敗。今年7月に初めてトップ10入りを果たしたバトミントン強国・デンマークの若手にも難なくストレート勝ちを収めた。

     第1ゲームは立ち上がり3連続失点も、粘り強くラリー戦に持ち込み流れを引き寄せ、2-6の劣勢から怒涛の8連続得点で10-6と一気に逆転した。正確なショットで前後に相手を振りほんろう。11-8から再び9連続得点でマッチポイントとし、21-9で圧勝した。

     王手をかけた第2セットは4連続得点で主導権を握り、1失点後はチャレンジにも成功し7連続得点で11-1でインターバルへ。緩急巧みに操り相手のミスを誘い、21-3でストレート勝ちを収め、日本男子初の快挙を手にした。

     桃田は昨年の同舞台で日本男子初の決勝に進み、頂点に君臨。過去には中国、インドネシア、デンマークの強豪国のみが手にしていた金メダルを初めて手にしていた。


    2019年08月25日 22:42バドミントン
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/08/25/kiji/20190825s00086000526000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【バドミントン・桃田賢斗】世界選手権 で日本男子初の連覇!世界でも史上4人目の快挙 6試合全てストレート勝ち!】の続きを読む

    このページのトップヘ