芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    タグ:NGT48


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のタレントであり、アイドルグループNGT48の元メンバー。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長161cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催
    17キロバイト (2,276 語) - 2019年9月16日 (月) 11:42



    (出典 aiulog.com)


    当人同士が出廷しないとわからないことが多いですもんね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/22(日) 11:38:11.00 ID:VGZ4fsem9.net

     新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー・山口真帆(24)への暴行事件を巡り、運営会社・AKSが、暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性ファン2人に対して、3000万円の損害賠償を求めた訴訟の進行協議が20日、新潟地裁で行われた。被告側の弁護士は、被告であるファンが山口の自宅を知った経緯について、これまでとは異なる供述をしていると説明。山口とは以前から“つながり(私的交流)”があったと主張した。裁判にまで発展した一連の騒動は、どんな結末を迎えるのか――。

     終了後、AKS側の代理人である遠藤和宏弁護士が報道陣の取材に応じ、事件時に主に山口とやりとりした被告の一人が「顔をつかむような暴行はしていない」と主張。それを裏付けるように、事件前から山口と私的な関係性を持っていたと主張していることが分かった。いわゆる“つながりがあった”ということだ。

     遠藤弁護士によると、2人は事件に至った経緯を説明する準備書面を提出。それには「『顔をつかむ』というような暴行はしていない。被告の言動と原告の損害について因果関係はなかった」などの主張が記載されていたという。

     遠藤弁護士は「(被告の主張に)客観的な証拠がないので、信用できない状況です。新しい事実があるなら、客観的な証拠を出していただきたい」と話した。

     被告側は、これまで事件後、被告と山口との間で交わされた会話の録音テープや、第三者委員会での報告書に記載されているように、山口の自宅マンションの部屋番号を知った経緯について、メンバー数人から聞いたと主張していた。

     遠藤弁護士は「被告は他のメンバーが関与しているかのごとき言動をされている」ことで、他のメンバーが誹謗中傷の対象になっていると語ったが、被告側は今回、主張を変遷させているとし、「まったく異なる陳述をしている」と明かした。

     それに関して、被告の一人は山口との関係性をうかがわせる陳述をしているようだが「詳しいことは被告の準備書面の方をご覧いただきたい」と繰り返し回答。私的な関係を裏付ける陳述かと問われると、「そのようなことだと思います」。

     被告側は親密さを主張した上で、暴行する関係ではないと暴行を否定しているようで、遠藤弁護士は報道陣の追及に「そういう推測はできる主張」と重い口を開いた。

     ただ、遠藤弁護士は「その点に関しても客観的な証拠がないので、事実かも分からない。我々は真実の発見が目的なので、違った主張をされるのであれば、客観的な証拠に基づいて立証してほしい」と話した。

    「被告側が“暴行するような関係性ではない”ことを陳述しているということは、山口とは顔見知り程度ではない親密な関係と推測できる。もし、次回以降に具体的な証拠が出てくるなら、今までの流れが一気に変わる可能性もある。当然、報道を知った山口とすれば、現時点でも被告側の主張には納得できない部分があるだろうし、何かしらの発信をする可能性もある。もしかしたら、出廷することも、ないとも言えない」(芸能プロ関係者)

     山口への聞き取りの可能性について、遠藤弁護士は「今のところ予定はないが、必要に応じてアプローチをさせていただくことはあるかもしれない」と含みを持たせた。

     なお、次回は10月28日に非公開の弁論準備手続きが行われる。

     被告側から主張を裏付ける具体的な証拠は出るのか。また、被告の新たな主張を受けて、山口から発信はあるのか。この日の山口は公式のインスタグラムで「気持ち悪くて吐き気がする」と更新したが、何を指しているかは定かでない。事態は風雲急を告げてきた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17120089/
    2019年9月22日 11時0分 東スポWeb


    【【NGT48・山口真帆】NGT48暴行事件に新展開 山口真帆の出廷の可能性!?】の続きを読む


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のタレントであり、アイドルグループNGT48の元メンバー。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長161cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催
    17キロバイト (2,276 語) - 2019年9月16日 (月) 11:42



    (出典 romeci.net)


    真相が全然わかりません!

    1 ひかり ★ :2019/09/20(金) 20:14:41.97 ID:XiV5M4879.net

     AKB48グループの運営会社・AKSが、昨年12月にNGT48の元メンバーで女優の山口真帆(24)への暴行容疑で逮捕され、不起訴となった男性2人に対して
    損害賠償を求めた訴訟の進行協議が20日、新潟地裁で行われた。AKS側の代理人である遠藤和宏弁護士は報道陣の取材に応じ、被告男性の1人が、
    山口と私的な“つながり”があったと主張していることを明らかにした。

     遠藤弁護士によると、被告側から提出された準備書面には、「被告の1人と山口さんの関係性における経緯、『顔をつかむ』というような暴行はしていなかったという主張、
    被告の言動と原告の損害には因果関係がなかったとの主張」が記されていたという。これを受け、遠藤弁護士は「客観的証拠がないので、信用できないという状況。
    新しい事実があるのであれば、客観的な証拠をお出しいただきたい」との立場を示した。

     被告側の主張の変遷について、遠藤弁護士は「事件後の録音テープや第三者委員会の報告にもあるが、(山口の)部屋番号を知った経緯について被告の1人は、
    相当前にメンバー何人かから聞いたと言っていたが、今回はそれとはまったく異なる陳述をしている」と説明。また、3月に発表された第三者委員会の報告書でも、
    男性が山口の顔を押さえるなどしたとされていた。

     被告の1人が主張した山口との関係性については、遠藤弁護士は「準備書面をご覧いただきたい」と明言は避けたが、私的な関係を裏付ける陳述かと問われると、
    「そういうようなことだと思います」と回答。また、被告側が山口との親しさを根拠に、暴行を否定しているのかとの問いに「そういう推測はできる主張」と明かした。

     今後、山口に対しての聞き取りは「今のところ予定はないが、機会に応じてアプローチをすることになるかもしれない」という。次回は口頭弁論ではなく、
    また、非公開の弁論準備手続きと決定。遠藤弁護士は
    「原告としては、公開の口頭弁論で話したいとしていたが、個人のプライバシー、名誉が関わってくるので、裁判所が非公開と判断したかと」と話した。

     訴状によると、男性2人は、昨年12月8日に新潟市内にあった山口の自宅前で、山口の顔を押さえるなど暴行を加えた。今年1月、山口が自身のSNSなどを通じて
    暴行の事実を告発して以降、劇場公演の中止や広告契約の更新見送りなどが続出。加えて、メンバーの自宅警備費用など、計1億円余りの損害のうち、
    3000万円を請求した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000090-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568969535/


    【【元NGT48・山口真帆】NGT裁判の被告が山口真帆との“つながり”を主張…AKS弁護士が明かす】の続きを読む


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のタレントであり、アイドルグループNGT48の元メンバー。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長161cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催
    17キロバイト (2,276 語) - 2019年9月16日 (月) 11:42


    元気そうで何よりです!

    1 ひかり ★ :2019/09/18(水) 10:40:03.29 ID:oMrIRmTu9.net

     元NGT48の山口真帆(24)が24歳の誕生日である17日、都内でファースト写真集「present」の発売記念イベントを開催。
    5月にNGTを卒業以来、4カ月ぶりにファンの前に元気な姿を見せた。

     ホワイトフリルドレス姿の山口が登場すると、抽選で選ばれた50人は割れんばかりの拍手で出迎えた。この日は誕生日ということで
    カバー写真で彩られたケーキもサプライズで送られた。

     5月にアイドルを卒業し、大手芸能事務所・研音に移籍。写真集を作った経緯を「アイドルを卒業して新たな道を進んでいこうと決心して、
    今の私をみてほしいという思いが強かったからで、今の新しい私を見てもらうことで最初のスタートが切れたら良いなと思い写真集を出させて
    いただきました」と説明した。

     紆余曲折を経て、新天地でスタートした。「今までたくさん心配をかけてしまった」と頭を下げつつ「折れてしまいそうなこともあったけど、
    みなさんがいるから頑張れるし、みなさんの存在が日々の原動力になっている」と支えてくれたファンへ感謝。

     ファンからの応援という“プレゼント”をもらい、再び立ち上がった山口は「今後の私の活動を通して、これからはみなさんにたくさんの
    プレゼントをしていきたいので、これからも応援よろしくお願いします」と恩返しを誓った。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000034-dal-ent

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【元NGT48・山口真帆】24歳バースデーで4カ月ぶりにファンの前へ】の続きを読む


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のタレントであり、アイドルグループNGT48の元メンバー。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長161cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催
    17キロバイト (2,276 語) - 2019年9月16日 (月) 11:42



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    もともと演技してなかったので、これからだと思います!

    1 digitec ★ :2019/09/18(水) 18:39:20.41 ID:eG/Uv03R9.net

    5月にアイドルグループ「NGT48」を卒業した山口真帆(23)が16日、フジテレビ系「ノンストップ!」に出演した。
    女優転身後、初のテレビの仕事だが、内容はマカオの魅力を伝える女子旅ロケで、今もって女優としての出演はゼロ。

    本紙は所属事務所「研音」が山口の演技力にまだ合格点を与えていないことを報じたが、実はもっと深刻な問題が持ち上がっていた。
    他の芸能事務所やテレビ局から女優・山口真帆が“敬遠”されているというのだ。その理由は――。

    5月25日に主役級の俳優&女優が多数所属する大手芸能事務所「研音」に移籍してからもうすぐ4か月がたつ山口。
    女優転身後、初の写真集を発売、ラジオにも出演し、初のテレビもこなした。

    表面上は順調なスタートのようだが、「女優」という肩書で紹介されているものの、演技の仕事はいまだゼロという不思議な状況が続いている。
    本紙は実力主義が徹底される研音から、演技力に合格点が得られていない現状を報じたが、その陰で、より深刻な事情があった。

    「山口は、事件や一連のNGT騒動でネット上では完全に“悲劇のヒロイン”扱い。彼女に対して少しでも否定的な意見を示す人物が、猛バッシングを浴びる状況が続いている。
    ドラマで山口と共演する立場からすれば、これは非常に怖い。山口が出演したドラマがコケたら、『山口は悪くない。お前のせいだ!』などと、
    共演者に批判の矛先が向かう可能性が高い。他の事務所が山口との共演に二の足を踏んでいる」(テレビ局関係者)

    ドラマを制作するテレビ局サイドも同じだ。山口に対して、少しでも事件を連想させる物語や役柄などのオファーを出した際に
    「脚本が悪い!」「視聴率が取れればいいのか!」などと、テレビ局に抗議が殺到することを恐れているという。

    「山口が初出演するドラマが大きな話題になるのは間違いない。週刊誌などで、撮影中に『山口をいびった共演女優の〇〇』なんて報じられれば、
    その女優のイメージに大きな傷が付いてしまう。実際にそんなリスクを考えて『共演したくない』と、ハッキリと言っている女優もすでにいる」と衝撃的な舞台裏を明*のは某芸能プロ関係者。

    何か起きればバッシングの標的にされそうな共演者やテレビ局にしてみれば、たまったものではない。山口は完全に“ハレ物”扱いされているのだ。

    こんな山口の初ドラマについては、研音所属で大先輩にあたる唐沢寿明主演の7月期のドラマ
    ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)への単発出演が一時期検討されたようだが、結局は見送られた。

    先の状況を考えれば、十分うなずける。

    一連の騒動で山口はツイッターなどのSNSを駆使し、運営サイドやメンバーへの批判を展開。
    ネット上で圧倒的な支持を得てきたが、それが他の事務所や共演者たちを恐怖に陥れ、結果、女優の仕事がなかなか決まらないのであれば、なんとも皮肉な話だ。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1552770/

    前スレ
    【芸能】元NGT山口真帆いまだ女優の仕事ゼロ 演技力以上の深刻な理由・テレビ局関係者「他の事務所が山口との共演に二の足を踏んで」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568773933/


    【【元NGT48・山口真帆】いまだ女優の仕事ゼロ!演技力が影響?】の続きを読む


    荻野 由佳(おぎの ゆか、1999年2月16日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループNGT48のメンバー。埼玉県越谷市出身。ホリプロ所属。愛称はおぎゆか。 2011年10月、エイベックス・アーティストアカデミー書ガールズとして活動。その後『avex
    28キロバイト (3,655 語) - 2019年8月19日 (月) 15:44



    (出典 bepo-blog.com)


    NGT48色々問題山積みですもんねw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/17(火) 12:46:11.06 ID:fONk0lH59.net

    “おぎゆか”の愛称で親しまれているNGT48荻野由佳が、16日に放送された『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に出演、その際の荻野の発言に、不満の声が広まっている。

    「荻野は、足の裏から健康チェックする番組のコーナー『健康美女の足裏ランキング』に登場。取材スタッフから『健康状態とか気にされてますか?』との質問に、『肩こりがひどいんですよ』と告げました。スタッフが『肩こりはストレスも関係している。心理的なことは?』と尋ねると、『ストレス・・・(小声になり)そうですね。ストレスは・・・(再び小声で)ありますねちょっと』と、さもストレスがかかっていることを隠しておきたいといった口調で話していたのです」(芸能ライター)

    荻野といえば、ネットユーザーの間ではもっぱら、元メンバー山口真帆へのファンによる暴行被害騒動の疑惑メンバーとして目されている人物。そんな中、過敏になっている人々からは、「久しぶりにテレビを見て不快になった」「おぎゆか出たからチャンネル替えた」「いじめてた側がストレスとか何言ってるの」など、反発の声が大勢寄せられた。

    さらに、物議を醸したのが、このVTRが終わり、スタジオに移ったあとの展開だったという。

    司会のアンジャッシュ・渡部建が『どうですか荻野ちゃん?』と振ると、FUJIWARA・藤本敏史も加勢して、『どうなったのかなあの事はねー?』『どうなったんのアレ?』など意味深な追及を始めたのです。荻野はその質問には直接は答えず、『一生懸命頑張るしかない。一生懸命頑張ります!!』と最後はガッツポーズをしていました」(同)

    だが、これに対し、SNSでは「何でもかんでも笑いに変えればいいわけじゃないよ。被害者がいるんだよ」「フジモンさぁ…流石に刑事事件レベルのやつをあの事呼ばわりはやばいと思うんだ まだ解決してないやんおかしいしガッカリやて」「フジモンさん。あなたの事好きでした。面白くて。けど、あの事呼ばわりして笑いにするなんてありえないでしょ」と、藤本を糾弾する意見も多く散見された。この騒動は、暴行したとされる男性2人が暴行罪で新潟県警に逮捕(その後不起訴)された立派な“事件”が発端。被害者がいることを忘れてはならないだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17093883/
    2019年9月17日 12時0分 リアルライブ


    【【NGT48・荻野由佳】一連の騒動匂わせ「ストレスあります」発言? フジモンの“煽り質問”にも批判】の続きを読む

    このページのトップヘ