芸能速砲

芸能速砲は芸能関係の情報をまとめたサイトです。気になる情報をいち早くお届けいたします。

    タグ:YouTuber


    鈴木 紗理奈(すずき さりな、本名:宗廣 華奈子〈むねひろ かなこ〉、1977年7月13日 - )は、日本のタレント、女優、歌手、元グラビアアイドル。所属事務所はオスカープロモーション(1992年 - )⇒アーティストハウス・ピラミッド(1994年 - )。 大阪府摂津市出身。2003年より、MUN
    25キロバイト (3,311 語) - 2020年3月17日 (火) 09:15



    (出典 staticx.antenna.jp)


    こけそうな気がしますw

    1 チミル ★ :2020/03/19(Thu) 17:48:11 ID:n4Ki2jB19.net

    お笑い芸人・たむらけんじ(46)とタレント・鈴木紗理奈(42)の“元カレ・元カノ”カップルが、YouTube『さりけんちゃ~ンネル』(不定期配信)を開設し、YouTubeデビューすることが発表された。配信を前にたむらは「楽しいアホカップル目指したい!」。鈴木は「楽しくわいわいやっていきたいです!」と明かしている。

    番組では、ラブラブだった当時のファッションに扮して、その頃の裏話や2人で食べていた料理の再現、あんなことやこんなことまで、いろいろなことに挑戦していく。また、初回の生配信では、公式YouTubeチャンネルの登録者数が100万人に達成した際の公約を発表する予定となっている。

    今回の共演のきっかけについてたむらは「かなこ(鈴木紗理奈)に誘われて、これだけ芸能人がYouTubeをやりまくってる中でこんな武器はない!って思った」といい、鈴木は「わたしが誘った。その提案に『かなこ、天才やな~』って言ってもらえてうれしかった」とコメント。今後のゲストには「吉本の大物さんには、ぜひ出てほしい」と明かし、鈴木は「江頭2:50さんに来てほしい」と希望している。

    初回放送は3月21日の午後8時30分を予定している。

    https://www.oricon.co.jp/news/2157895/full/


    【【YouTube】“元カップル”のたむけん&鈴木紗理奈、YouTubeチャンネル開設「楽しいアホカップル目指したい!」】の続きを読む


    中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家、YouTuber。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。
    24キロバイト (2,975 語) - 2020年3月9日 (月) 16:12



    (出典 cdn.asagei.com)


    あっちゃんかっこいいw

    1 名無し募集中。。。 :2020/03/15(日) 07:12:33 ID:0.net

    中田敦彦のYouTube大学
    198万人

    (出典 pbs.twimg.com)


    カジサック
    181万人

    (出典 pbs.twimg.com)


    エガちゃんねる
    188万人

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【オリエンタルラジオ】YouTuber中田敦彦がついに登録者数を公開!カジサックを抜いていたことが判明!!】の続きを読む


    柏木 由紀(かしわぎ ゆき、1991年7月15日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBのメンバーである。NGT48チームNIIIおよびNMB48チームNの元兼任メンバー、ならびにAKB48の派生アイドルユニットであるフレンチ・キスの元メンバー。鹿児島県鹿児島市出身。ワタナベエンターテインメント所属。
    114キロバイト (12,851 語) - 2020年2月21日 (金) 11:54



    (出典 data.smart-flash.jp)


    やらせでもよくないですか?w

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/06(金) 17:05:32.42 ID:acj9mD7U9.net

    AKB48の柏木由紀が先月26日、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画が話題となっている。

    柏木はこの日、自身のYouTubeチャンネルにて「街で声をかけられるまで帰れません!」という検証企画を行い、原宿の竹下通りを歩いている動画を公開。全く気付かれずに竹下通りを歩いていた柏木だが、最後の最後でようやくカップルに声をかけられ喜びをあらわにしていた。

    この内容に対し、ファンからは「気づいていても声かけれなそう」「声かけていいのかなと悩んでいる人多かったんじゃない?」「さすがにゆきりんいたら気づくでしょ」といった声が多く寄せられている。

    また、ネット上からは「どこにでもいる顔だからな。オーラないし」「最後、仕込み用意してたとしか思えない」「最後の展開がヤラセ臭かった」「こんなの信じるキッズおるの?」「声をかけるほど誰も興味ないんだよ」という厳しい声も集まっていた。

    ファンのコメント通り、街中で芸能人を目撃しても声をかけていいものかと悩む人も多いだろう。しかし、ネット上では出来過ぎた展開に対して、仕込みやヤラセを疑う人が少なくなかったようだ。

    https://www.cyzo.com/2020/03/post_233363_entry.html
    2020/03/06 00:10


    (出典 www.cyzo.com)


    【【AKB48】柏木由紀、YouTube検証企画にチャレンジするも“ヤラセ”を疑う声が続出w】の続きを読む


    熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
    26キロバイト (3,741 語) - 2020年2月10日 (月) 09:29



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    続々と芸能人が参戦してますが、失敗例ですねw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/16(日) 08:27:57 ID:RESYIVAX9.net

    グラビアアイドルでタレントの熊田曜子(37)がYouTuberデビューすることを宣言した。

    現在グラビアアイドルのみならず、ママタレとして子を持つ同世代の女性から憧れの存在となっている熊田。
    そんな熊田だが11日にインスタグラムを更新し、「12日 19時にYouTubeスタートします」とYouTubeチャンネルを立ち上げることを報告。
    「KUMADA YOKO Channel」と書かれた動物のアニメーション動画をアップしつつ、「良かったら観て下さい」と宣伝していた。

    突然のYouTuberデビュー宣言に熊田のインスタグラムには、「チャンネル登録します!楽しみ!」
    「待ってました!絶対に観ます」といった期待の声が集まっていたが、一方ネットからは、「芸能事務所もテレビ出られなくなった芸能人を手っ取り早くYouTubeで稼がせるような動きになってるんだろうな」
    「目新しさはないからすぐ飽きられると思う」「旬でないタレントがYouTubeデビューしてもあまり登録者数増えない気がする」といった冷たい声が寄せられてしまっていた。

    いまや多くのタレントや芸人が自身のYouTubeチャンネルを開設しているが、ママタレは辻希美(32)、藤本美貴(34)などまだわずか。
    果たして“ママタレYouTuber”として上手く視聴者数を稼ぐことはできるのだろうか―。

    http://dailynewsonline.jp/article/2192418/
    2020.02.16 06:55 デイリーニュースオンライン


    (出典 image.dailynewsonline.jp)



    (出典 i1.wp.com)

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)
    %2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg


    【【グラビア・熊田曜子】YouTuberデビュー表明も冷ややかな声w】の続きを読む


    藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年2月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、YouTuber。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。元EMMARY初代編集長。『ViVi』専属モデル。現在は東京都在住。
    22キロバイト (2,409 語) - 2020年1月27日 (月) 10:14



    (出典 shima-metal.com)


    頑張れにこるんw

    1 カーディフ ★ :2020/02/14(金) 17:20:17 ID:+i4BqA4p9.net

    バラエティータレントとして確かな地位を築いている藤田ニコルが、にわかに嫌われ始めているという。

    「ニコル自身は、タメ口キャラというローラやりゅうちぇるの二番煎じでブレーク。
    その後、?意外としっかりもの?というキャラ変をしていき、最近では?空気が読める女子?という立場でバラエティーを席捲。
    しかし、その?私デキマス?感が、マイナスに働きだしているようなのです」(芸能記者)

    ニコルが嫌われているのは、上から目線の鼻につく姿勢。
    昨年7月放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、ゆきぽよに対して「いつまで、ゆきぽよでいるか心配。肩書が弱い。今のうちに他に何か見つけた方がいい」と毒舌でアドバイス。
    まるで自分は、既にすべてを手に入れ、芸能界でずっと生き残れるという言い方で、ネット上で批判が続出していた。

    「さらにラジオ番組では、芸能界のパパ活事情について、『私クラスではいない』と自分を棚上げ。
    彼氏についても、『イケメンしか無理』『芸能人しか無理』と、なぜか自分をイイ女だと信じ込んでいる勘違いぶりが反感を買い、ニコルのアンチが増殖。
    もともとスタイルや顔を売りにせず、ファニーフェイスとファッションの個性だけでモデルをやっていましたが、最近は常識人ヅラしてその個性も失いかけているようです」(芸能記者)

    https://myjitsu.jp/archives/107716

    (出典 myjitsu.jp)


    【【藤田ニコル】“上から目線”でアンチ急増! イイ女気取りの勘違い!?】の続きを読む

    このページのトップヘ